1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

東芝の次は富士ゼロックス…相次ぐ「不適切会計」に様々な声

東芝の次は富士ゼロックスに「不適切会計」が発覚、要するに粉飾決算なわけですが、様々な声が出ています。

更新日: 2017年06月13日

7 お気に入り 49362 view
お気に入り追加

・経理業務プロセスの効率化を発表したばかりの富士ゼロックス

富士ゼロックス株式会社とfreee株式会社は17日、中堅・中小企業における経理業務プロセスの効率化に向け、協業すると発表

freeeは、帳簿作成や決算書作成の自動化など、中小企業の会計業務全般を支援し、請求書作成や入出金管理、経費精算にも対応するクラウド型ソフトウェア。

富士ゼロックスの文書ソフトウェアであるDocuWorksを活用して、捺印が必要とされる申請書類や取引先から受け取った紙の関連証憑を電子化。freeeにアップロードする。

・そんな中、「不適切会計」が発覚した

富士フイルムホールディングスは12日、傘下の富士ゼロックス会長の山本忠人会長が退任し、富士フイルムの古森重隆会長が富士ゼロックスの代表権を持つ会長を兼務すると発表

子会社富士ゼロックスのニュージーランド(NZ)とオーストラリアの販売子会社で不適切な会計処理が行われた

2010年度から15年度までの6年間の過年度修正額が281億円に上ると発表した。

22日に開催予定の富士ゼロックスの定時株主総会を経て正式に交代する。

・富士ゼロックスの不適切会計とは?

今回の不適切な会計処理は、事務機器販売と保守サービスの売り上げ計上や料金回収に関するもの

ニュージーランドとオーストラリアの販売会社は、顧客との間で、売り上げを過大に計上できるような不適切なリース契約を結んでいた

使用量に応じて代金を回収する契約だったが、これに該当しない契約を含める形で売り上げをかさ上げしていた。

売り上げ目標の達成が評価され、同幹部は多額のボーナスを得たほか、社内で過去3回にわたって表彰されている。

富士ゼロックスの管理体制も不十分で、幹部が経営トップなどに適切に報告せず、隠蔽体質が見られたと厳しく指摘

富士ゼロックスの吉田副社長が不適切会計の隠蔽(いんぺい)を指示していたことが判明

・なぜ粉飾と言わず「不適切会計」と呼ぶのかの声も

また粉飾って言わないんだ笑 / 連結子会社の不適切会計、累計金額375億円の損失=富士フイルム 富士ゼロックス、不適切会計で会長退任 6年間で決算修正281億円 (REUTERS) - horiemon.com/news/2017/06/1…

粉飾という単語を絶対に使わない選手権がまだ続いているんですね((((;´・ω・`))) ゼロックス山本会長ら退任 富士フイルム不適切会計  :日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXLAS…

富士フイルムも粉飾か、東芝とかがあの状態ですら助かったの見てワイもわいもでほかにもどんどん出てくるんじゃないのこれ? とりあえず不適切会計とか言う言葉使うのやめろや粉飾やろ

・思えば東芝も不正会計の発覚は海外からだった

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew

このまとめに参加する