1. まとめトップ
  2. 雑学

Twitterで見た『その道のプロの言葉』が色々と興味深い

ちょっと興味を惹かれそうになる、様々な業界の「プロの言葉」をTwitterでいくつか見かけましたのでまとめてみました。

更新日: 2017年07月20日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
435 お気に入り 402384 view
お気に入り追加

◆板前さんが思わず喜んだ「鮎の塩焼きの食べ方」

鮎の塩焼き、出てきた瞬間におお!と喜んで手で掴んで頭からバリバリやったら板さんに「一番嬉しい召し上がり方を!」と喜ばれたのでオススメです。野蛮人上等です。

ごめん、オススメまではしない。個人の経験です。でも美味しいのよ頭からかぶりつくの。

@yosinotennin 友人の田舎のお爺様のお宅で「あゆおとり」のご商売をしていまして、やっぱり丸かぶりが一番と友人も言っていた気がしています(ニコニコ

◆「サポートセンターの人」のトーク術

サポートセンターの人がまず最初に行うインストラクションが、「本体の電源スイッチを切って、コンセントに挿してある電源プラグを一度抜いて、挿しなおしてください」というものだという話を聞いたことがある。

いきなり「電源プラグが抜けていませんか?」と聞くと「馬鹿にするな!差しているに決まっているじゃないか!」と怒鳴られた上に確認してももらえず、実は抜けている場合が高確率だと。「一度抜いて」と指示することで初めて「あ、抜けてたわ。どう… twitter.com/i/web/status/8…

@keroppi999 横から失礼します 最近の家電はたいていコンピューター制御なのでパソコンと同じくメモリスワップだので止まることがありますからそれをリセットさせる意味あいもちゃんとありますよ 元パナソニックコールセンター員がお邪魔しました

◆「ドラマの美術をやってる人」の話

ドラマの美術をやってる人と部屋について話してた時に「貧困を表現するときはモノを増やす、隙間なく壁にちぐはぐなタンスを並べたり。逆に豪邸では物を減らして何もおいてない面を増やして余裕を表現してる。実際金持ちの家は物が少ないよ」 掃除してる時この話をたまに思い出す。

◆「知り合いの時代考証専門の方」の話

知り合いの時代考証専門の方曰く、「良い時代劇かどうかを見極めるポイントは白菜。これが出てきたらその時代劇はダメ。今スーパーで見るような白菜が出てきたのは明治末期」と聞いて、驚いた。と共に時代考証という仕事の難しさも知った。

◆カメラを買おうとしたら…

昨日の社内での会話 Aさん「カメラ買おうと思ってヨドバシに行った」 俺「ふむふむ」 Bさん「ふむふむ」 A「予算3万って言ったら『そのiPhoneのカメラのがいいっすよ』って言われたけどどう思う?」 B・俺『さすがヨドバシ良心的対応!!』

◆「掃除の仕事」をしている人の言葉

とにかく掃除が苦手なんですが。むかし、掃除の仕事をしている子に「掃除が苦手なんだ」という話をしたら、「掃除ですか?片づけですか?掃除と片づけではモチベーションも必要な資質もまったく異なります。あなたが苦手なのはどちらですか?」と言われたことがある。

掃除と片づけはまったく別の作業。部屋が汚い人はまずこの二点の峻別が曖昧なのだという。

◆ラウンジ嬢が語る「モテる人」

ラウンジ嬢曰く『有名な企業に勤めてる人って、いきなり社名言ってきたり名刺を差し出すでしょ?そういうの出さないと一人の女も落とせないワケ?って思う。モテる人は最初は自分の人間的な魅力で攻めて、肩書とか社名っていう切り札は最後に出します』とのこと。

1 2 3





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!