1. まとめトップ
  2. おもしろ

Twitter民の脳裏に焼き付いた『名セリフ』が衝撃的。。

一度耳にすると、忘れることができない『衝撃のセリフ』を集めてみました。

更新日: 2017年06月18日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
252 お気に入り 448827 view
お気に入り追加

◆『経験豊富なクラブのママ』による名セリフ

『セコイこと言うようだけど、男が食事を奢ってるんだから、女子はもう少し男を楽しませるというか、ご馳走された分サービスするって気持ちを持って欲しいですよね』って経験豊富なクラブのママに愚痴ったら、『君が払っているのは、サービス料じゃなくて迷惑料なんだよ』って一刀両断にされたよ。

◆『酔っ払った上司』による名セリフ

酔っ払った上司に「受験も就職も恋愛も結婚も交通事故と同じで、衝突先は絶対に選べない。アクセルを踏み込むことくらいしか選べない。踏み込む時は踏み込めよ。まあ俺はアクセルを踏み続けて二回離婚してるけどな」と言われたことがあって、正義はないが真理だけがあった

◆『めちゃくちゃ可愛い知り合い』による名セリフ

めちゃくちゃ可愛い知り合いに「モデルやって欲しいんだけど…」ってお願いしたら、「縁を完全に切った元彼に出てることがバレたり、消息を突き止められたらマズいので無理✋️✋️✋️」と断られた。指名手配犯かと思った

◆『友人』による名セリフ

友人は圧迫面接を受けた。散々な言われようで、資格や学部をバカ、それに人格にも随分言及されたそう。 そして最後に 担当者「何か質問とかある?」 友人「御社による今回の面接は、今後一消費者として参考にさせていただきますがよろしいですね?」 →こわばる担当者、出る内定、蹴る友人。

高校のテストで満点しか取ったことのない友人の名台詞を思い出した。「僕の偏差値は、僕じゃなくて皆んなが決めるものだから」

◆『外国人スタッフ』による名セリフ

弊社外国人スタッフの中で今ブームな日本語は「鮨詰め」らしい。満員電車に嫌気が差しても「これが噂の鮨詰めか…!もっと詰めろ詰めろ!」とテンション上げられるし、隣の人が妙に臭くても「まあ酢飯も酸っぱい香りだし仕様がないか…!SUSHI最高!」と思えばハッピーになれるらしい。最強かよ。

◆『電車にいたお爺さん』による名セリフ

いま電車で後ろに立ってる二人のお爺さんが「敵の女房は味方」「使えない上司には使えないイエスマンを当てがうに限る」など心に響く謎の格言を次々と産み出しててヤバイ

◆『祖父』による名セリフ

生前、穴のあいたボロボロのジーンズを穿いて祖父に会った時、男子たる者そんなものを穿くな! と怒られ、厳格な祖父にはそういう価値観、美意識もあるのかなと思った俺が理由をたずねると「そういうのは若い女が穿いて、ちらりと白い脚が見えるからいいんだよ!」と答えた祖父は今でも元気です。

◆『父』による名セリフ

先日、父は、男にフラれて落ち込んでいた姉をなぐさめようとして、「おまえ、人間は顔じゃないぞ」 と言うところを、「おまえの顔は人間じゃないぞ」 と言ってしまった。

◆『告白』して、返ってきた名セリフ

以前告白した際に言われた『友達でもムリ』って言葉をたまに思い出しては僕を苦しめます

昔凄い好きな女の子がまあいわゆるヤリマンて奴でイケメンが凄く好きだった子だったんですよ。 んでその子と公園で話をしてて「またやり捨てされた」とか言って泣き出したから「俺不細工だけどお前の事大事にするよ」と告白したら「イケメンの彼氏がいい」って泣きながら言われてね、僕も泣きましたよ

1 2 3





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。