1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

W杯出場に王手も‥イラクと引き分けたサッカー日本代表に色々な声

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選で日本は13日、テヘランでイラクと1―1で引き分け8月31日にホームで行われる次戦でオーストラリアに勝てば、6大会連続6度目の本大会出場が決まる。日本は大迫勇也選手が先制点を決め、ネットでも「大迫半端ない」と盛り上がりましたが..

更新日: 2017年06月18日

karumaru0505さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 50721 view
お気に入り追加

サッカーW杯最終予選はイラクと引き分け

大迫勇也が先制点を決めるもイラクに同点に追いつかれ、日本は1-1の引き分けに終わっている。

日本はケガ人が相次いでいました

ガンバ大阪の井手口陽介選手や浦和レッズの遠藤航選手などが最終予選で初めて先発出場しました。

5試合ぶりにスタメンに名を連ね、この日が31歳の誕生日でもある本田がキャプテンマークを巻いた。

試合は、大迫選手の得点で先制!

FW大迫は前半5分にクロスに合わせるなど積極姿勢を見せると、8分に本田の右コーナーキックを頭で合わせ先制点。自身最終予選初得点を決めた。

そのシーンを「いいボールが来たんで、ニアで触れば入るかなと思いました。イメージ通りに決めれました」と、会心のゴールだったと語る。

この試合では大迫が最前線に入り、本田圭佑が右サイド、久保裕也が左サイドという新布陣で臨んだ。大迫は「圭佑さんのサイドでチャンスは作れました」と手応え

しかし、イラクに同点に追いつかれ試合終了

72分、イラクはアラー・アブドゥルザフラが高い位置でドリブルを仕掛け、エリア内に侵入。この突破はDFに阻まれたが、こぼれたボールをカミルが左足で押し込み、同点ゴールとなった。

日本は残り時間で勝ち越しを目指したがゴールを割ることはできず、試合は1-1のままタイムアップを迎えた。

次戦、勝てばW杯出場が決まります

2試合を残し、日本は5勝2分け1敗の勝ち点17で、2位サウジアラビア、3位オーストラリアと同1差とした。

敵地で勝ち点1を上積みした日本は、次節のオーストラリア代表との一戦で勝利すれば、ロシアW杯出場が決定する。

この試合が話題になっている

サッカー日本代表、惜しかった~... にしても、久保裕也よく最後までやったなー、すごすぎる。

まぁ今回は日本代表はみんな頑張ったと思うよ。 暑い中でよくやったよ。試合結果抜きでまずはお疲れさまと言いたい。 #サッカー日本代表

日本代表、頑張った! そのうち中東での試合はなくなるだろうね。スポーツするのに過酷すぎ。

厳しいコト言ったけど、暑い中選手はよくやったと思う 次勝てれば! 今日の収穫 本田井手口遠藤 やはりと言うか日本代表にはゴリラよりウッチーだなぁ 次戦マジ頼むよ! #W杯最終予選 #サッカー日本代表

1 2 3





ネットで話題になったことをまとめていきたいと思います。

このまとめに参加する