え、なんか違う…!東京五輪のイマドキ感がハンパない

若者に人気の競技が続々と追加!BMXやサーフィンなど、今までにない「新しい」五輪を楽しめそうです。

更新日: 2017年06月14日

33 お気に入り 128686 view
お気に入り追加

新競技がイマドキすぎる…

ダイナミックな離れ技が連発する。

ジャンプ台などが設けられたスペースで飛んだり回転したりするなど、アクロバチックな技の難易度や完成度などを競う

15歳BMX中村輪夢、東京五輪で父に託された夢を dlvr.it/PLqsKg #スポーツ新聞 pic.twitter.com/2Ec9TxDlNM

15歳以下の世界チャンピオン「中村輪夢」に期待が集まっている。

「一体どうやって!?」と思いたくなる技が次から次へと…。

ストリート系が続々と正式種目に

3人制バスケの「スリー・バイ・スリー」。

都市におけるナンバー1 スポーツの一つとして認知され、若者の間でもソーシャルメディアを通じての絆を深める最適な競技の一つ

日本の世界ランクは男子が10位で女子が15位。特に男子は17年1月に世界3位まで上がり、実力は折り紙付き

階段や手すりのような障害物を乗り越えながら技を繰り出す「ストリート」、四角のエリア内に障害物を設置して技を競う「パーク」の2種目

さまざまな障害物を、華麗な技でクリアしていく。

意外すぎる競技も…!

波を見極めて乗り、技の点数を競う。

80年代に社会的なブームとなったサーフィンが、3年後に五輪デビュー

男女ともにショートボードが採用され、各20人が出場予定。

大野修聖選手(35)は「新しい時代が始まる歴史的瞬間だ」。大村奈央選手(23)は「わくわくしている」とうれしそうに話した

「ボルダリング」「リード」「スピード」という3種目の複合競技として実施される。日本は昨年の世界ランキングでボルダリングは1位

メダルの期待値が高く、メディアでも特集されることが多くなってきている。

そして「男女混合」も見逃せない

柔道の混合団体や卓球の混複など男女混合種目がリオデジャネイロ大会から倍増、参加選手の女子比率は48・8%

東京五輪がより若者向きで、都会的で、多くの女性が参加する大会になることを喜ばしく思う。魅力的な新種目は五輪に変革をもたらす

東京開催はもちろん、「新競技」にも注目したい。

1

NAVERまとめ編集部の公式アカウントです。
旬のおすすめ情報などを提供しています。