1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

二世俳優イメージから脱却!「村上虹郎」の快進撃が止まらない

俳優・村上淳と歌手・UAの息子という二世俳優としてまず注目された「村上虹郎」。2014年に「2つ目の窓」で鮮烈デビューして以来、着実にキャリアを重ね、昨年は「TAMA映画賞」最優秀新進男優賞を受賞。今年も映画「武曲」で綾野剛相手に熱演。「デッドストック」で連ドラ初主演。二世イメージを脱却しつつある。

更新日: 2017年10月05日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19 お気に入り 63919 view
お気に入り追加

◆二世俳優が多く出演したことで注目された『仰げば尊し』

脚本:いずみ吉紘、三好昭央
出演:寺尾聰、多部未華子、真剣佑、村上虹郎、太賀

弱小高校吹奏楽部を舞台にひとりの男と生徒たちが起こした“奇跡の実話”に基づく物語を描いたドラマ「仰げば尊し」。

最終回が、11日に放送され、平均視聴率は12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と番組最高を記録し、有終の美を飾った。

二世俳優が多く出演していたことでも話題になっていた同ドラマ。アクションスター・千葉真一を父に持つ真剣佑に俳優・村上淳と歌手・UAの息子、村上虹郎や俳優・中野英雄の息子、太賀がメインキャストとして出演していました。

◆河瀬監督に抜擢され、映画『2つ目の窓』でデビューした村上

『2つ目の窓』(2014)

監督:河瀨直美
脚本:河瀨直美
出演:吉永淳、村上虹郎、村上淳、渡辺真起子

女優の吉永淳とともにオーディションで抜てきされ、2人で主演を務める。

吉永淳=現在は「阿部純子」に改名

河瀬監督は二人の起用理由について、「圧倒的な強さを持つ奄美の自然。それに負けない存在感のある2人。目、たたずまい、声、肌の色、海で泳ぐ姿……演技経験の有無に関わらず、そんな彼らの持つ質感を重要視しました」と説明。

◆『あの花』主役抜擢など、ドラマに映画、CMや雑誌などでも活躍

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
(2015)

脚本:いずみ吉紘
出演:村上虹郎、浜辺美波、志尊淳、飯豊まりえ

村上虹郎(にじろう)さんが、「あの花」の愛称で知られる人気アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(フジテレビ系)を実写化するスペシャルドラマで主演に起用される。

2015年

本田翼や広瀬すずらを排出したJR東日本『JR SKISKI』CMに出演したり、『忘れないと誓ったぼくがいた』で早見あかりと共演するなど、まだデビューからわずか1年足らずだというのに順調に映画やCMの話題作への出演が続いている。

ファッション誌『装苑』の表紙を飾ったり、スポーツ用品メーカー「アディダス」の公式サイトに登場したりするなど、ファッション業界からもラブコールを受けています。

◆昨年は「TAMA映画賞」最優秀新進男優賞を受賞

『ディストラクション・ベイビーズ』(2016)

監督:真利子哲也
脚本:真利子哲也、喜安浩平
出演:柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎

柳楽優弥や菅田将暉など旬の俳優ばかりが出演した映画『ディストラクション・ベイビーズ』や有村架純が主演した『夏美のホタル』にも出演。

2016年

映画「ディストラクション・ベイビーズ」では、柳楽優弥(26)、菅田将暉(23)ら若手演技派に引けを取らない存在感を見せ。

第8回TAMA映画祭』最優秀新進男優賞:村上虹郎
思春期の危うい空気感を醸し出しながらいつも遠くをみつめている、不安と希望をあわせ持つ若者像をセンシティブに創りだす姿は、日本映画の新たな地平を切り拓いていく大きな期待を抱かせた。

『ディストラクション・ベイビーズ』『夏美のホタル』『さようなら』での受賞

◆現在公開中の『武曲 MUKOKU』では綾野剛を相手に熱演

『武曲 MUKOKU』 (2017年)では、ラップ好きな今どきの高校生でありながら特別な剣の才能をもつ羽田を演じている村上。

かつての弟子に扮するのは綾野剛。人物の弱さと強さが混在し、反転する凄まじい力演を見せる。だが、その波動を受けとめる村上虹郎はさらに素晴らしい。

宿命の対決に挑む2人の天才剣士を演じるのは、綾野剛さんと村上虹郎さん。監督を務めた熊切和嘉監督も“完璧なキャスティング”と語る、2人の魂の熱演、そして日本映画史に刻む、“6分間の死闘”。

◆舞台『エレクトラ』では重要キャストに抜擢された

2017年は既に3本の映画公開が控え、4月には舞台『エレクトラ』で物語の鍵を握る役にも挑戦。

ギリシャ悲劇『エレクトラ』は、エレクトラと弟オレステスが、父アガメムノンを殺害した母クリュタイムネストラとその情夫アイギストスへの復讐を果たす物語。

1 2





記憶の中で生きてゆける