1. まとめトップ
  2. レシピ

夏バテ予防に!旬の枝豆を使った人気レシピ20選

枝豆の旬は6~8月!枝豆には、タンパク質、脂質といった身体に欠かせない栄養素の他、ビタミン類、イソフラボン、鉄分などさまざまな栄養素が含まれています。旬のえだまめを食べましょう!

更新日: 2017年06月14日

259 お気に入り 30247 view
お気に入り追加

枝豆の旬は6~8月!夏バテ予防に旬の枝豆を食べよう!!

野菜類である枝豆には、βカロテンやビタミンB1、ビタミンCが、大豆よりもさらに多く含まれています。ビタミンB群やビタミンCは、新陳代謝を促進し、疲労回復に効果があります。

枝豆は、豆と野菜の両方の栄養素をあわせ持っています。

枝豆を食べるとタンパク質ビタミン・ミネラルをまとめて摂取できることになります。

色鮮やかでおいしく、手軽に食べることのできる枝豆ですが、一粒の枝豆にはたくさんの栄養素が含まれています。

夏に枝豆を食べると、夏バテ防止にも役立つといわれています。

◇枝豆入りつくね

<材料>
枝豆(ゆで)1~2袋分(1袋200g入り)
鶏ひき肉350g
<下味>
酒大さじ1
みりん小さじ2
しょうゆ小さじ2
ユズコショウ小さじ1/2
焼きのり1枚
塩コショウ少々
片栗粉大さじ2~3
サラダ油小さじ2
大根おろし1~1.5カップ
ショウガ(すりおろし)1片分
貝われ菜1/2パック
ポン酢しょうゆ適量

◇えだ豆と明太子の炒り豆腐

<材料>
木綿豆腐1丁
明太子75g
えだ豆(さや付き)150g
ホールコーン(缶詰)80g
青ねぎ1本
鶏がらスープの素小さじ1
酒大さじ2

◇枝豆と塩昆布チーズのおにぎり

<材料>
枝豆 30g
ブロックチーズ 30g
ご飯 お茶碗2杯
塩昆布 少々
白胡麻 少々

◇豆腐と枝豆のふんわり塩つくね

<材料>
鶏挽肉 200g
豆腐 200g
枝豆 50粒くらい
玉ねぎ 1/4個
★ 卵 1個
★ 醤油 小さじ1
★塩、こしょう 各少量
パン粉 大さじ2~
サラダ油 大さじ1/2
すだち 1/2個

◇枝豆チーズ春巻き

<材料>
春巻きの皮 5枚
とろけるスライスチーズ(シュレッドでも可) 5枚
枝豆(茹でて剥いたもの) 6~7粒×10個分
水溶き小麦粉 少々
揚げ油 春巻きが半分浸かるぐらい
ケチャップ、塩など お好みで適量

◇ツナマヨ枝豆

<材料>
枝豆(冷凍) 150~170g
ツナ缶 小1缶
マヨネーズ 大さじ1くらい
塩こしょう 少々

◇ツナとえだ豆のチーズきんちゃく

<材料>
油揚げ2枚
ツナ(缶詰)1缶
えだ豆(むき実・冷凍で可)12~16粒
ピザ用チーズ20~30g
塩少々
こしょう少々

◇玉葱と枝豆の和ピッツァ風

<材料>
餃子の皮 4枚
玉葱(中) 1/6個程度
鰹節 2つまみ
枝豆(冷凍) 12粒程度
ピザ用チーズ 適量
塩昆布 2つまみ程度
マヨネーズ 適量
白炒りごま 少々
レモン汁 お好み量
大葉 1枚~
一味・七味等 お好みで少々

1 2 3





CaressofVenusさん

このまとめに参加する