1. まとめトップ

小松川高校の偏差値と評判

大学合格実績の躍進が止まらない、面倒見の良い進学校として評判急上昇の伝統校、小松川高校の学校情報をまとめました。2018年度入試対応です。

更新日: 2017年12月15日

1 お気に入り 38374 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kurumisawaさん

■[大学合格実績速報]小松川の進学実績が近年最高を更新!!

2017年度の大学合格実績が凄まじいと評判の小松川高校。理系最難関大の東京工業大に4名がオール現役合格し、国立大の合格総数は76名と過去最多を記録。早慶上智やMARCHも過去最多を更新し、国立大+早慶上智+MARCHの現役進学者数は約200名でした。(写真は東京工業大)

■小松川高校の学校情報

1916年創立で100年を超える伝統校です。時計台は学校のシンボルとして有名です。

100年の歴史を誇る小松川高校ならではの施設が、長野県にある蓼科寮です。小松川高校生にとっては、部活動合宿や勉強合宿などでよく利用されるお馴染みの施設。卒業後もOB・OGは格安で利用することができます。

■小松川高校の大学合格実績を支える秘密

小松川高校といえば大学受験対策の面倒見の良さが評判です。例えば、夏期講習は予備校顔負けのなんと105講座がすべて無料!講座名を見ると、「センター漢文基礎」「マーチ英文法」「国立大長文対策」「一橋大・東工大二次記述」「世界史特講」「数学積分法」「力学中級」など基礎からハイレベルまでの多種多様な講座の多さ!

これらの講座は希望制ですが、残念ながら高校入学後に勉強に付いていけなくなってしまった生徒には、指名制の夏期講習補習があります。古文、数学、英文法などの入学後に落ちこぼれやすい教科は、フォローアップの補習が夏休みや冬休みにしっかりとあります。ご注意を!?

「同学力の私立高校と比べると段違いに良い進学実績」と塾の進学誌で紹介されるほどの実績の良さの秘訣の一つは、3年間で志望大学に合格させるカリキュラム。

多くの私立高校が中高一貫教育を重視して、6年型のカリキュラムを採用するなか、小松川高校は内進生が存在しないため、高校入学者を3年間で伸ばすカリキュラムや教育指導に専念しています。

部活動加入率が9割を超え、大会でも結果を出す部活動の多い小松川高校。それにもかかわらず現役大学合格実績が好調なのは、部活動と勉強の両立をしやすい時間設定にしているから。部活動の時間帯は、通常は5時までで週2回が6時まで。この活動時間設定によって、勉強と部活動をバランスよく両立しやすい環境になっているのです。

■小松川高校の部活動

37もの部活動が活発に活動しているのが小松川高校の魅力。水泳部、ボート部、サッカー部、ダンス部、フォークサークル部、書道部、芸道部などが盛んです。

小松川高校を代表する強豪に成長したボート部は、他校では見られない小松川高校の特徴的な部活動の一つ。インターハイなどにも出場する全国でも指折りの強豪。しかも、ほとんどの生徒達が高校から始めたというのも魅力的。高校から新しいものに挑戦したい人にはオススメです。

豪快なパフォーマンスが魅力的の小松川高校書道部は、数多くの大会に入賞を果たしている盛んな部活動の一つです。

100年を超える伝統校らしい部活動といえば芸道部です。小松川高校独自のこの部活動は、茶道班と邦楽班に分かれて活動しています。

■小松川高校の学校行事の様子は?

体育祭、文化祭、合唱祭、球技大会の四大行事が盛り上がる小松川高校。最大の行事と言えば9月の文化祭である小松川祭です。ぜひとも、写真でその盛り上がる様子を感じ取ってください!

フォークサークル部による校内ライブなどは最高の盛り上がり!写真で熱気が伝わってきますか?

小松川高校では各クラスがやりたい出し物を自由に決めて行います。その内容はフリーダム!演劇をやるクラス、映画を発表するクラス、迷路、謎解き、お化け屋敷、食品販売。やりたいことを縛りなく自由にできるのは良いですよね。写真は、なんとコーヒーカップをやるクラスまで!!

ダンス部をはじめとするさまざまなパフォーマンスの舞台となるのが小松川高校の中庭です。文化祭当日の様々な催しは必見です。

小松川の体育祭は、白団、黄団、赤団、青団の各団による伝統ある硬派の応援が名物!一糸乱れぬ美しい応援は注目!

「この応援に参加して、小松川高校に入学して良かったと確信した。」という声が何人も聞かれました。

■[2018年予想]小松川高校の偏差値が急上昇で「66」に!

東京都教育委員会は8月、小松川高校の大学合格実績が極めて好調であり、全都で私学を含めた伸び率が1位であったことを評価して、進学指導特別推進校への指定を決定しました。

これにより、小山台高校や都立駒場高校といった都立3番手校の最難関校と並ぶ位置付けになったことになります。さらなる進学校化による躍進は確実で、2018年度の高校入試は2ポイント程度偏差値が上がると予想されています。(写真は小松川高校サッカー部)

■小松川高校と志望校を悩む学校一覧

小松川高校を志望校として検討している皆さんに、おすすめの通学圏内の高校をピックアップしました。願書取り下げ&志望校変更再提出の際の高校としても参考にしてください

都立3番手校の盟主であり、理工系大学進学の名門校。校風は質実剛健でマジメな生徒が多し。都立No.1との誉れ高い硬派の運動会はあまりにも有名で、一糸乱れぬ応援は遠方から見物客が押し寄せるほど。部活動を「班活動」と呼び、甲子園出場した野球班や、全国大会常連のブラスバンド班、バレーボール班などが強豪。小松川高校とは入試難易度こそ同じであるものの、校風や教育内容は大きく異なるので吟味して選びたいところ。

1 2