1. まとめトップ

塩分の取りすぎ!?…日本人の死亡率、青森県の男女ワーストに色々な声

2015年の日本人の死亡率が男女ともに過去最も低くなったことが、厚生労働省の調査で分かりました。

更新日: 2017年06月15日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 2424 view
お気に入り追加

○日本人の死亡率が男女ともに過去最も低くなった

2015年の日本人の死亡率が男女ともに過去最も低くなったことが、厚生労働省の調査で分かりました。

2015年は男性が486・0人(前回比58・3人減)、女性は255・0人(同20・0人減)で過去最低を更新したことが14日、分かった。

○死亡率は男女ともに低下が続いている

がんや心疾患、脳血管疾患の3大死因別でも、死亡率は男女ともに低下が続いています。

死亡者が最も多いがんでは、男性は全都道府県で、女性は41都府県で死亡率が低下した。

○死亡率は1947年の調査開始以来最低に

全国の死亡率は1947年の調査開始以来、最も低くなった。

高齢者が多い地域では死亡率が高くなるため、年齢の偏りを調整した人口10万人当たりの死亡者数「年齢調整死亡率」を用いた。

死亡率が最も高かったのは前回に続き男女ともに青森県で、最も低かったのも前回に続き男女ともに長野県だった。

○東北の高い死亡率は「塩分の多い食習慣などが影響」か

東北地方の死亡率が高く、塩分が多い食生活が原因の一つとみられている。

東北地方の死亡率が宮城を除いて高く、同省は「食事の味付けの好みによる塩分摂取量や運動習慣などが原因」とみている。

東北地方で比較的死亡率が高いことについて、厚労省は「塩分の多い食習慣などが影響している」とみている。

○厚労省のコメントは…

厚労省は「医療技術の進歩のほか、喫煙率の低下など健康志向の高まりが背景にある」と分析した。

厚労省は「医療技術の進歩や健康志向の高まりなどを背景に、死亡率は年々低下している」と分析した。

「医療技術の向上や新薬開発だけでなく、地域ごとに食習慣や文化の違いがある中、塩分過多を控えるといった健康志向、病気予防の取り組みなども低減につながったのではないか」とみている。

○このニュースはネットでも話題になっています

日経読んでたら札幌市って医療費も死亡率も高い理由が喫煙率の高さにあるって言ってたけど、そんな吸うもんなの?

汗をよくかく地域が長生き傾向にある。発汗で体内の塩分濃度が下がり血圧上昇を抑止できるからだと思う。 「東高西低」地域差縮小=死亡率、青森なおワースト―厚労省統計 nico.ms/nw2829470 #niconews

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。