1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

インパルス堤下敦さんの件で…新たに分かった法律や医療的な見地

睡眠薬と抗アレルギー剤の同時服用で都内路上で意識がもうろうとした状態で見つかった件から一夜明け…芸能界や専門家からの様々な声が広がっています。

更新日: 2017年06月15日

17 お気に入り 74574 view
お気に入り追加

お笑いコンビ「インパルス」堤下さんの睡眠薬を飲ん車を運転した件

お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦さん(39)が、乗用車の車内で意識がもうろうとした状態でハンドルに持たれかかっているのを警察官が発見

車がゆっくり分離帯に進み10〜20メートルで停車。別の警官が運転席でハンドルにもたれかかった堤下を発見し病院に搬送

薬物の影響で正常な運転ができなかった可能性があるとみて、道交法違反容疑で事情を聴いた。

堤下さんは、所属する吉本興業本社で会見「湿疹で眠れず睡眠薬」

堤下さんは冒頭深々と頭を下げて「今回の事故により、ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした」と謝罪

運転前に睡眠導入剤を服用したといい「すべて僕の責任」と謝罪。運転中に眠くなり、発見現場までの約2キロ間の「記憶がない」と明かした。

「歩行者や対向車を巻き込んでいたことを考えるとぞっとする。自分の甘さが原因だ」と反省していました。

14日午前0時前に風呂へ。20~30分後に風呂から上がり、フルーツ牛乳を飲んでいたという。

0時半過ぎに店を出たといい、「ふらついていたとか、ろれつが回っていなかったという様子は一切なかった」と説明

医師から運転前に飲んではいけないと説明されていたが、「自宅まで10分しかないから飲んでしまおうと考えた。こんなに早く効くとは」と振り返った。

一夜明けて明らかになった事や周囲の動向

「元々、メンタルがそれほど強くない」と証言。就寝の際に睡眠導入剤を服用していたことを聞いていたとし「こういう形(もうろう運転)になるんだと。ちょっと怖い」

「平成ノブシコブシ」の吉村崇

「私も、薬をもらって説明を受けた時に説明書を細かくみることはない」と自戒を込めて話した

ハリセンボンの近藤春菜

「僕なんかも注意しなくてはいけない」などと言及

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次

堤下がご迷惑をおかけしました。すみませんでした。会見後に連絡があり、本人もたいへん反省しておりました。 怪我人が出なかったことが救いでしたが、そうなる前に通報してくださった方、ありがとうございました。 そして応援してくれている方々、ご心配をおかけしてすみませんでした。

「芸人の事件多いですね。特によしもとは芸人が多いから(中略)僕もちゃんとしたクズなのでしっかりしないとですよね」と記していた。

そうした中、仕事や一般的な影響が気になります。

BS1の自転車情報番組「チャリダー★」の17日分の放送を見送ると明らかにした。3月4日分を再放送するという。

「人は見た目が100%」の最終回を、編集カットなどをせずに通常通り放送することを決めた。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。