1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

地震保険料が全国平均で3.8%値上がり…加入率やメリットとは

地震による住宅や家財の損害を補償する「地震保険」が値上がりする報道が…地震保険のメリットや値上がり対策が気になります。

更新日: 2017年06月16日

16 お気に入り 11465 view
お気に入り追加

国内外で発生している地震…被害報告がネットニュースも

マグニチュード6.3の地震があり、震源地に近い島で住宅が倒壊するなどして、これまでに女性1人が死亡、11人がけがをしました。

この地震によって南部サン・セバスチャンにある教会の一部が崩壊し、少なくとも1人がけがをしたほか、高速道路の複数か所で土砂が流れ込んでいるということです。

・日本でも、地震の報告が相次いでいます。

そうした中、気になるのが家庭向けの地震保険料値上の報道

家庭向けの地震保険料の基準料率を全国平均で3.8%引き上げることを金融庁に届け出たと発表

やむを得ない側面が大きいとはいえ、地震保険を検討したい方にとっては、その意思を鈍らせるのに十分な影響

そもそも「地震保険」とは

文字通り地震により住居等が被害を受けたときに、金銭的な補償を受けることができる保険商品

地震保険は保険料が高いとよく言われます。しかし地震保険料控除が適用になることで、家計の負担は軽減されているのです。

日本損害保険協会の統計によると、地震保険の世帯加入率は全国平均で29.5%(平成27年度末)

この地震保険の値上げニュースはネットでも話題に

地震保険料が高いし、入ってないと地震で破産も有り得るし、何千万円とローンを組んで新築の家を買うってなかなかのハイリスクなギャンブルだよなあ…

念のため、地震保険に加入していても、震災で自宅が全壊しても建て直しするだけの金額は支払われない。あくまでも生活再建のための保険。住宅ローンは残ったまま家を失うだけ。地震保険で失った家財と賃貸物件を借りるだけの手当てにはなる。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。