1. まとめトップ

2000年4月に模写問題が発生した際のCLAMPのコメント

[05] 「自分の作品」といえるもの Date: Apr 8 2000, 01:11
From: CLAMP
今日、頂いたメールで、とあるCLAMPサークルさんがサイトを開かれたことを知りました。
その事じたいは(CLAMPを好きでいて下さってサークル活動をしていらっしゃ
るということも、サイトを開かれるということも)とても嬉しいことなのですが・・・。

あのサイトの画像。
ご本人が描かれたものなのでしょうか。

いえ、ご本人は、「自分で描いた」と主張なさっているのですが、
(CLAMPが描いた)原画にあった塗りムラ、傷、こぼしたお茶の跡まで、しっ
かりCLAMPが描いたものと同じというのは、どういう事なんでしょうか・・・。
そのサイトの絵を、うちにある原画や色校正と比べてみても、
それこそ、寸分違わず重なってしまうのですが・・・。

ひょっとしたら、あの絵たちは、本当にその方がご自身で描かれたものかもしれません。

CLAMPメンバーも、小さい頃、大好きなまんが家さんやイラストレーターさん
の絵を、模写したりトレースしたりして、絵の練習をしました。
真似する、似せて描いてみるということは、確かに勉強になります。

けれど、それはあくまで、「練習」、「習作」としてです。

CLAMPの作品に限らず、他の方が描かれたものを、そのままコピー、スキャンし
、本やグッズにして販売することは、違法行為です(例え色などを加工しても。
いえ、他人の絵を無断で加工するという行為じたい、許せるものではありません)。

原画を模写や、トレースしたり、コピーしたものに手を加えるなどして、
原画と見分けがつかないよう描かれたものを「商品」として売ることは、
原画をそのままコピー、スキャンし、「商品」として販売することと変わりのな
い行為なのではないでしょうか。

CLAMPはオリジナルだけではなく、それがパロディでも、「作品」だと思っています。
ご自分の「作品」を、WEBで掲載したり、即売会で販売なさる事に関しては、
CLAMPは何の制約も加えるつもりはありません。

「自分の作品」とは何か、どうかこの機会に考えてみて下さい。

事が大きくならないうちに、当該サイトがそのことについて良く考えて下さる
よう、心から願っています。

トレース (製図) - Wikipedia

漫画家のCLAMPやイラストレーターのみつみ美里はウェブサイト上で自身の作品のトレースをしないように呼びかけている

CLAMP『ジョジョの奇妙な冒険』二次創作
http://dat.2chan.net/16/res/484489.htm

■聖伝■(1989~1996)---------------------

インド神話のアンチテーゼ

『黄門☆じごく変』中津賢也(1985~1986)……………………………

□同名登場人物「阿修羅王」と「阿修羅」

・キャラクターデザイン

・コスチュームデザイン

・女性型だが性別が無い(『黄門☆じごく変』…両性、『聖伝』…無性)

・ハマーン・カーン(『ガンダム』)のような口調で喋る

□『黄門☆じごく変』のオリジナルアイテムである「修羅刀」と「夜魔(摩)刀」が『聖伝』に登場

・修羅刀と夜魔刀は対をなし、二つの刀によって世界が激変する
・夜魔刀は昔、歴史の変革後に作られた物語のキーとなるアイテムで、歴史を更に変革させる為のもの

・「ヤマ」はサンスクリット語で「閻魔」の意味
…『黄門☆じごく変』では閻魔大王が夜魔刀を持っている
…『聖伝』では語源と無関係の夜叉一族が夜摩刀を持っている

・過去にあった、阿修羅王と帝釈天による天界の命運を決める戦いが、阿修羅王の闘神としての属性を封じる目的のものだった
・阿修羅王の世界を破滅に導く力は封印されているが、終盤、闘神の本性を取り戻す

『孔雀王』荻野真(1985~)………………………………………………

同名登場人物「阿修羅」…少女。同じく炎を操る

キャラクターデザイン担当者………………………………………………

同人誌「聖伝傑作集」

阿修羅 ー もこなあぱぱ
夜叉王 ー 七穂せい
龍王 ー 聖りいざ
迦楼羅王 ー 秋山たまよ
乾闥婆王 ー 猫井みっく
蘇摩 ー 猫井みっく
帝釈天 ー 秋山たまよ
孔雀 ー もこなあぱぱ

アルフォンス・ミュシャ……………………………………………………

アルフォンス・ミュシャ「The Blonde」
『聖伝』(左右反転)

アルフォンス・ミュシャ「The Brunette」
『聖伝』(左右反転)

アルフォンス・ミュシャ「Zodiac」
『聖伝』(左右反転)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11





orennjikarusaitoさん