1. まとめトップ

イヤホンジャックが無くなるかも!?ワイヤレスイヤホンまとめ

最近まれに見かけるコードレスのイヤホン。どんなものがあるのか気になったのでまとめてみました。

更新日: 2017年06月20日

1 お気に入り 3502 view
お気に入り追加

Bluetooth(ブルートゥース)を知っていますか?

数mから数十m程度の距離の情報機器間で、電波を使い簡易な情報のやりとりを行うのに使用される。

Bluetoothでは、対応した機器同士がワイヤレスでデータをやりとりできます。最近では、イヤホンやスピーカー、キーボードなどさまざまな製品が対応し、用途が広がっています。

イヤホン・スピーカー・キーボードのコードが不要に!

持ち運ぶイヤホンはコードが絡まったりと煩わしい思いをすることもありました。そんな悩みがなくなります!

マウスやキーボードは持ち運びすることはあまり無いですが、ワイヤレスにするとUSBの接続口が空きます!

ただしワイヤレス機器は…

線がないという事はそういうことですよね。スマホや携帯ゲーム機と一緒です。
充電が煩わしい人にはあまりワイヤレス機器は向いていないかもしれません…。

ですが…

このことは発表当初話題になりました。
本体を購入すると、充電口とイヤホン口をつなぐコードが同梱されているので、従来のイヤホンを使用することが可能です。

なぜイヤホンジャックが無くなったのか

その答えは簡単で、スマートフォンの性能を上げるためです。

iPhoneで音楽を再生する際には、「1」と「0」の2進法で構成されるデジタル信号をアナログ信号に変換する必要が生じます。

ジャックを廃止したことで、Appleはこれら2つの部品をiPhoneに搭載する必要がなくなりました。

これにより、iPhone 7ではバッテリーの利用効率が上がり、スリムな筐体の中で、ほかの部品を追加する(例えばバッテリーをさらに大きくするなど)余地も生まれます。

遠くない未来にはワイヤレスが一般的になっているかも…?

その先駆けはイヤホンのような気がしますね。

ワイヤレスイヤホンを集めてみた

というわけで、ワイヤレスイヤホンにはどんな種類、どんな機能があるのか調べてみました。

・AirPods

16800円です。

Appleが作ったワイヤレスイヤホンです。ワイヤレスと言っても左右のイヤホン同士はコードで繋がっているものが多い中、コードから完全に開放された状態です。

耳に装着されたことを
感知するので、耳から外すと一時停止します。

AirPodsをケースから取り出すと自動的にオン、ケースにしまえばオフになる。

ケースのバッテリーでは、合計24時間聴き続けることができます。15分間の充電で3時間再生できるのは素晴らしい性能です。

iPhoneのシステムが最新版(10.3.2以降)の場合は「iPhoneを探す」アプリから「AirPodsを探す」機能を利用できる。

ケースに入れる必要はありますが、充電をせずに合計で24時間聞き続けることができるのはほかのワイヤレスイヤホンには無いです。それだけでAirPodsを買う価値があると言えます。

耳からうどん と話題にもなりましたが…
これから広まっていくなら大丈夫でしょう。

1 2 3





blueblueluckyさん

好きなこと(動物、映画、その他エンタメ)、気になるニュース(地方・マイナー含む)を中心にまとめます。
まじめにゆっくり更新していきます。