1. まとめトップ

【料理】【物価が安い!?】 マレーシアに行く人のためのトリビア

自分自身マレーシアで短期ホームステイをしていて、マレーシアにこれから行く人もまだ行く予定がないけれどいつか行ってみたいと思っている人にも知っておくとためになるようなことをまとめてみたので良かったら見てください。

更新日: 2017年09月20日

0 お気に入り 5144 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

マレーシアってどんな国?

マレーシアは東南アジア諸国連合(ASEAN)の中の一国であり、人口約3,000万人、面積は33万k㎡で日本より少し小さい国です。

近代建築と自然が調和した美しい首都クアラルンプール、世界遺産の街マラッカやペナン島、ビーチリゾート・ランカウイなど魅力的な街が多くあります。

宗教は主にイスラム教のため、豚肉を食べることを禁止されています。なので、日本のお菓子をマレーシアの人に渡すときには、豚を含むもの(乳化剤やポークエキス)が入ってないか確認する必要があります。乳化剤は大豆由来のものであれば大丈夫です。

首都はクアラルンプール

ペトロナス・ツイン・タワーは高さ452mのオフィスビルで、マレーシアの象徴的な建物。

クアラルンプールは、1857年にクラン川とコンバック川が合流しているデルタ地帯に中国人錫鉱夫が入植したのが始まりです。

クアラルンプールはマレーシア語で「泥が合流する場所」

国内では通称「KL」の呼び名で親しまれており、マレーシアの首都として、貿易、商業、政治経済など、国の中心的役割を果たしている。近代都市だが、エキゾチックな熱帯植物の公園、イギリス統治時代の面影を残す趣のある歴史的建造物、活気あふれる市場、各民族の聖地であるモスクや寺院など、それらが混在する独特の景観を持つ。

クアラルンプール国際空港

マレーシアの空の玄関口・クアラルンプール国際空港(KLIA)。

クアラルンプールの南50kmに位置するこの空港は、「森の中の空港’Airport in the forest, Forest in the airport’」のテーマの下、故黒川紀章氏が設計に携わり、建物と森林との調和が随所に見られる造りになっています。

日本人が設計に携わっていたのは驚きです。

空港内には乗り継ぎ客の為に短時間から利用可能な有料ラウンジやトランジットホテルが完備。日本語を含む数カ国語での案内表示や、日本語でのアナウンスもあります。

黒川紀章ってどんな人?

1934年 名古屋市生まれ。 京都大学建築学科(1957年)を経て東京大学大学院博士課程所定単位修得(1964年)。

コンセプトはいずれも「生命の原理」という点で共通

主な作品は、中銀カプセルタワービル(東京)、日本赤十字社本社(東京)、六本木プリンスホテル(東京)、唯識庵(東京)、国立新美術館(東京)、杉並区立図書館(東京)、青山ベルコモンズ(東京)、ワコール麹町ビル(東京)ソニータワー(大阪 現存せず)、広島市現代美術館(広島)、長崎歴史文化博物館(長崎)、パシフィック・タワー(パリ)、メルボルン・セントラル(オーストラリア)、ロッテワールド(韓国)、ゴッホ美術館 新館(オランダ)、クアラルンプール新国際空港(マレーシア)など多数。

マレーシアの不思議な時間単位!?

「pspang zapra(ピサンザプラ)」という表現。マレー語で「バナナを食べる所要時間」という意味

食べるバナナの大きさや、人によっても違うはずですが、マレーの人々の間では、おおよその所要時間が決まっている様子なのだとか。

これは知りませんでした

マレーシアの気候

じめじめして暑い印象がありますが、
そこまでじめじめしてなく、気温は日本の夏よりも低いので過ごしやすかったです。

マレーシアでのショッピング

クアランプールにセントラルマーケットといういろいろなものが安く売られているところがあるので、
お土産などはそこで買うのがおすすめです。

マレー系の料理

マレー系の料理はイスラム教徒向けなので、豚肉、アルコールは料理に使われていません。

1 2