1. まとめトップ

南米ボリビアに広がる塩の大地、ウユニ塩湖。

かつて海底にあった土地が長い時間をかけて隆起し、地上に出現。
山の上に海水が取り残されたことで水分が蒸発し広大な塩の大地ができあがりました。

雨が降ると塩原に薄く水が貼り、まるで大きな鏡が地を覆っているような絶景を見ることができます。

まるで絵画の世界。

世界にはウユニ塩湖以外にも塩原が存在する

ウユニ塩湖のような塩分濃度の高い土地は世界各地にあります。
まだ観光地としてはマイナーな場所も多いので、ぜひ人が少ない今のうちに訪れておきましょう!

アルゼンチン中央部にあるコルドバ山脈のふもとに位置する広大な塩原。
広さは約6000㎢。

トルコで2番目に大きなトゥズ湖は、死ぬまでに一度は見ておきたい絶景を誇ります。

アフリカのタンザニアにある強アルカリの湖。
あまりにもアルカリがきついため、周辺に草木は生えないのだとか。

チリ最大の塩原。
アタカマ塩湖には世界のリチウムの約27%分が埋まっています。
リチウムイオン電池の原料生産地として有名です。

1





にぼし侍さん

にぼしを刀代わりに。