1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

makaizouさん

やっちまったよ。 ゴミと間男ボコボコにしてしまった。

泊まり予定が急になくなり早朝帰ったら夫婦のベッドで間男とゴミが寝ていやがった。
ブチ切れてポットの湯をかけて二人とも蛸殴りにしてしまった。

新婚半月なんだぜ。


ゴミと間男は寝室で唸ってる、骨の2・3本は折ってると思う。
ゴミの歯が俺の手に刺さって俺の手も血だらけだ。
この後どうしよう。

とりあえず嫁親に連絡してから救急車呼んだよ。
救急車来るまでに間男の財布と携帯確保して携帯見たら間嫁らしき名前があったんで連絡した。
嫁の番号は男の名前で登録してあった。
間嫁さん最初は怪しんでたけど間の携帯からだから信じてくれた。
大分慌ててたけどとりあえず家に来てもらって話す事にして嫁と間男を乗せた救急車も見送った。
「同乗されますか?」
って救急隊員に言われたけど断った。
病院だけ聞いて嫁親と間嫁に連絡した。
間男は、顎と右手首と鎖骨骨折と股間火傷。
嫁は前歯4本折れて肋骨2本骨折して臀部火傷と右足の指3本骨折。
嫁親に事情説明したら怒りもせず土下座して謝ってくれた。
俺も怪我させたからジャンピング土下座だよ。
間嫁も病院に来たからさらに土下座でひたすら謝ったけど
「悪いのは主人ですから手を上げてください」
って言われた。
話は後日って事になったけど嫁親と間嫁が
「悪いのは2人だから被害届なんて出させない」
って言ってくれた。
救急隊員から連絡したようで警察来て暑に連れて行かれて事情聴取受けたよ。
嫁親と間嫁のお蔭で帰る事できたけど本来なら逮捕なんだってね。
今は帰りたくない家で一人片づけ中。
警察来て調べたらしくてどこから手をつけようか思案中。

病院で嫁親には嫁を追い出して俺と親子になるって言われたけどね。
俺の資格が無いと嫁親の会社どうにもならないから。

今回の手を出したのは今日の分で相殺するけど不倫が結婚前からだったら少なくとも付き合い始めた4年間騙されてた事になるからキッチリ払ってもらう。
弁護士なんか入れず徹底的に攻める。
一応俺のPCにコピー取ってるし向こうも離婚するつもりらしいから削除はしないでしょ。
嫁親の会社は従業員が40人くらいで以前資格持ってた嫁親の弟さんが無くなって結婚前に入社して一応専務の肩書き付いてる。
専務とは名ばかりで現場仕事してるけど。

とりあえず当面弁護士は入れない。
自分で行ける所まで行ってみる。

嫁母より電話があって
「あなたが責任感じる事は無いのよ、悪いのは馬鹿2人」
「あなたは私たちの大事な息子なんだから出て行くなんて考えないで」
「お父さんと話したけどあの子は縁を切って家から追い出して大した財産ないけどあなたに全部託します」
思わず泣いてしまった。

今日病院に嫁親と行って携帯のロック解除させた。 見たら出るわ出るわのラリメールと羽目鳥。

関係は1年ぐらい前みたいで間男は大学のサークルの先輩。
月2回ぐらい関係持ってる。
「旦那と子づくりするからもう会うの止める」
って先週送ってて返信が
「最後にもう一度だけやりたい」
って来てた。
色々あったけど嫁は完全に遊びみたいだったけど
「お前の帰る所は無い」
「どうやって稼ぐか知らないが慰謝料は払ってもらう」
俺と嫁親が通告した。
それから間男の所に行ってまず今回の俺の行動について謝罪した後
「これから法に乗っ取って制裁を開始します覚悟しといてください」
って言った
「被害届出すならどうぞ」
「でも例え逮捕されてもあなたへの制裁は緩めません」
「あなたの会社へも報告しますしあなたの家族にもあなたの奥さんから報告がされてると思いますよ」
「あなたは2つの家族を壊したんですからそれ相応の報いは受けなきゃならないと思います」
って宣戦布告しといた。
まだ喋れないけど顔が真っ赤になってうめき声あげてた。
「殺されなかっただけありがたく思ってください」
って言って病室を後にした。
嫁が上手く喋れないので手紙書いて俺に渡したけど
「今更謝られてももう遅い」
「取り返しのつかない事ってあるんだよ」
って言ってゴミ箱に目の前で捨てた。
緑の紙渡して
「明日まで書いといてくれ、慰謝料は1千万請求するから」
って言ったら震えてた。

今日の動きはそれぐらい。
間嫁さんも今日の午後間男に離婚通告したそうだ。

スペック忘れてたから書いとく。
俺30 嫁28 間男31 間嫁30 子供2人
間男は有名スポーツメーカー勤務

まだ始まったばかりだからどうなるかわからない。
今日分かって後だしですまんが俺ずっとあるスポーツやってて選手だった頃に間男の会社のウエアサポート受けてたんだよ。
そのころの担当さんが今は偉い人になってその会社にいる。
間男とは部署と担当スポーツが違うからどれくらい効果があるかしらんが個人のつながりとして今日事実関係を報告した。
間男はプロスポーツ担当の花形部署にいるらしくまあエリートみたいだ。
その会社では不貞行為は完全にアウトらしいからクビは免れないだろうね。

今考えてるのは嫁に1千万請求するから間男には2千万請求しようと思ってる。

取れるとは思ってないがじわじわ締め上げるのにはこれぐらいかなって思ってんだけど。

さっき間嫁さんから電話があって明日間男両親が俺と嫁親に話がしたいと言ってきたそうだ。
俺もまず今回の事謝罪して話そうと思うから明日嫁親の家に午前10時に約束した。

俺がパクられても悲しむ人いないし最悪刺し違えてもいいと思ってる。
俺一人食って行くぐらい何とかなると思うし。

それより嫁親が本気で嫁を捨てて俺と暮らす気でいるみたい。
「不便だろうから引っ越して来い」
って嫁親父に言われてる。

相場ってもんはあるだろうけど慰謝料て俺の怒りを鎮めるもんだろ?
怒りは納まらんがそれぐらいの金額が最低ラインって事だよ。

自分の家の寝室で最愛の嫁と見たことも無い男が全裸で抱き合って寝てるの見たら普通の感覚じゃいられないぞ。
それも1年もやりやがってたんだから。
月2回で最低でも24回そんな事やってたんだぞ。

寝具全部捨てて寝室のフローリング掃除したけど血ってなかなか落ちないんだね。
ベッドバラバラにしてリサイクル業者に出そうとしたらベッドの下からカビカビのティッシュとゴムが出てきた。
後嫁の物まとめてたんだが見たことも無いTバックパンツが出てきた。
後バイブやらローターもあったよ、ますます怒りがわいてきた。
会社でお世話になってる弁護士いるから月曜日でも相談してみる。
その前に嫁親父に明日朝にでも一報入れといてもらうわ。

嫁のバッグ漁ってたら財布からラブホのポイントカードが出てきた。
化粧ポーチの中からゴム4個と媚薬入りゼリーもあった。

どうでもいいけど避妊だけはしっかりやってたんだとちょっと感心した。
托卵する悪質さはなかったみたいで安心したよ。
だからといって制裁は緩めないけど。

とりあえず嫁父に弁護士に連絡取って貰ったら同席してくれた。

約束の10時少し前に間両親から電話があって出迎えに行ったよ。
向こうは、間両親と間嫁でなぜか間の兄夫婦。
こっちは俺と嫁両親と弁護士。
話の内容だが最初に俺が
「このたびは手術が必要なほどの暴力をふるい申し訳ありませんでした」
と土下座で謝罪した。
「こちらこそ馬鹿息子がとんでもない事をしでかし申し訳ありませんでした」
と間両親から謝られた。
それから間家の譲許を説明されたが間と間嫁は離婚で共有財産全部と慰謝料500で養育費月10万間嫁から請求されたそうだ。
それからこちらに間男の医療費とこちらに払う慰謝料を相殺してくれとのことなんで
「相殺にはしません私から息子さんに2千万を慰謝料として請求します。医療費を慰謝料から減額するのはかまいません」
と答えた。
間家族は顔が赤くなって
「そんな法外な話があるか」
と声を荒げ
「ではこちらは被害届を出させてもらう、事件になって困るのはそっちだろ」
と間兄が怒鳴った。
「どうぞご自由に、逮捕されても一向に構いません」
「そのような事態の為に弁護士も依頼する準備できてますから」
「たとえ逮捕されても一切妥協しませんから」
と言うと黙った。
そこに弁護士が
「俺君が逮捕・起訴されて裁判になったらそちらの息子さんがなぜそのような怪我を負ったかが明らかになり今後の事に不利益が生まれると思いますが」
と言ってくれた。
「とりあえず妻にも制裁を科しますからお宅にもそれなりの事を請求してるつもりです」
と告げた。
そこからはひたすら間家族からの減額要請だったね、俺は断固突っぱねたけど。
黙って聞いてた間嫁さんだけど
「お父さん、間さんは他の女とも関係があり現在口説いてる人もいますよ」
と爆弾投下。
「この携帯に全ての証拠があります」
と冷やかな笑みで間父に携帯からプリントしたメールと画像を見せた。
余罪たっぷりな間男の未来が完全に潰れた瞬間だった。
もうあり得ないぐらいうろたえる間家族に
「もう私の用は終わったので実家に子供たちと帰ります、間さんには私の弁護士から連絡行きますので」
と帰って行った。

「私もやった事の責任を取りますのでお宅の息子さんにも責任を取ってもらいます」
「私たちも離婚は避けられません、その原因は私の妻とそちらですから」
茫然とする間家族に言った。
そしたらひたすら
「勘弁してくれ」
の土下座大会。
「そんな金は無い」
だの
「それぐらいな過ちでこんな高額はあり得ない」
だのうっとおしいかぎり。
「ご不満なら司法の判断に委ねてください」
と弁護士が一撃。
「そんな恥ずかしい裁判なんてできません」
と間母。
すると黙って聞いてた間兄嫁が
「聞いてると恥ずかしい限りですね」
「これ以上聞いてると私がおかしくなりそうなので帰ります、私無関係ですので」
と席を立った
「お前何やってんだ」
と腕をつかもうとする間兄にビンタかまして
「あなたもお義父さんも陰で女遊びしてたのは知ってますあなたたちが救いようのない馬鹿家族だとよくわかりました」
叫んだ。
もうそこから間家族の修羅場だった。
嫁親の家で間家族の罵り合いなんて勘弁してほしかったよ。
弁護士が仲裁して落ち着かせ
「間男さんが退院したらもう一度改めてお話しましょう」
との事で解散した。
この弁護士専門は違うそうだけど嫁を小さい頃から知ってるし家族ぐるみの付き合いしてきたからって事でとりあえず受けてくれるみたい。
「嫁ちゃんに引導渡すのはツラいな〜」
って言ってたけど。

離婚届けは、サインしたもの回収して来てるよ。 今週の水曜日に間男手術だからその前にお見舞いに行って 「これから役所に出します、覚悟はいいですか?」 ってやろうと思って。

因みに昨日から嫁親の家にお世話になってます。
仲良し親子を演じる事が嫁への復讐になるかなって思って。
退院して俺の物が何にも無い家に帰り実の親に相手にされないってのもいいかな。

俺の家は俺の親が残してくれた唯一の財産なんだよ、その家に男連れ込んでたのがどうしても許せないから嫁に買い取らせようと思ってる。
嫁は俺の慰謝料と間嫁からの慰謝料、家の買い取りの金どう工面するのかな。
家探しした時に1千万の残高がある通帳見つけたんだよね、多分嫁親が持たしたもんだろうけど通帳と印鑑・カードは没収済み。

因みに嫁と間男は痛みと不安で寝れないそうです。
看護師さんが
「事情は良く分かりませんが少しでも不安を和らげるように接してください」
って言われたから
「自分のしでかした事でガクブルなら自業自得じゃないですか」
って言ったら絶句してた。

俺の家と嫁実家は歩いて5分ぐらいなんだよ。
生活圏を被るようにして新しい嫁貰って幸せ一杯の生活見せるのが最大の復讐かな?
って思う。
それ以前に再婚できるかどうかは分からんし新嫁が浮気って可能性もあるし。
今は女性不信ななりつつある。

進展があったから報告。 間嫁さんがもう一人の不倫相手に弁護士から内容証明発送したそうだ。

なんとこれも人妻で口説いてたのも人妻。
間男益々四面楚歌でがんじがらめ。
明日、午前中に間男の所に離婚届け持つて見舞いに行く。
同行者は俺の元担当さんで間男会社の役員さん。
間男は俺と会社の関係知らないだろうから面白い事になると思う。
間男は会社に入院事由を
「暴行された」
としか言ってないようだから。

嫁親と嫁は今は置いといて間男潰す事に全力を注ぐ。

今日の午後から手術とのことなので元担当さんと待ち合わせしてたら何故か3人来た。
元担当さんと間男の直属の上司と間男の部署の担当役員、驚いたよ。
元担当さんが連れてきた。
それで病室に行くと間男固まってた。
そこで元担当さんが俺と間会社の関係を説明したら完全にノックアウト。
そこから証拠見せながら上司と役員に説明したら病室なのに
「この大馬鹿野郎」
と怒鳴られてた。
それから俺への謝罪が始まったけど
「私もやってはいけない事をして怪我させて申し訳ありません」
と謝罪したが
「ふつうでは許されない行為でしょうがそれぐらい当然です」
って言われた。
しばらく外に出て3人で話してたが戻って来て
「間君、君に2つの選択肢を準備した」
「君はわが社の約款を知ってるはずだ」
「1つ目は、君が俺さんの事で被害届出すなら決まり通り懲戒解雇」
「2つ目は、君が大人しくしているならば依願退職で退職金がでる」
「会社は辞めてもらうが子会社の○○の下請けに就職できるように計らう」
「どっちを選ぶ?」
と役員さんが伝えた。
間男はうなだれながらも指を2本出した。
俺は納得できずに
「退職金は慰謝料の為に必要ですが就職まで世話するなんて甘くないですか?」
「被害届出さないのはありがたいですけど逮捕されても構わないんでこいつを地獄に落としてください」
って言ったら担当さんが
「まあまあ」
と言いながら俺を外に連れ出した。

担当さんが言うには子会社の下請けとはベトナムでの製造工場の監督だそうだ。
今までの花形部署とは違い死刑宣告されたようなものだそうだ。
当然その会社に報告するのでそこの会社にいる限り辞めるか病む限り日本に帰ることは無いそうだ。
その代り給料はそこそこいいらしいので慰謝料が分割でしか払えそうにない現状ではこれがベストではないかと言われた。

間男はかなりの俺様らしくもう一人の不倫相手に対して
「優秀な俺の遺伝子を持った子供を産め」
と迫ってたと間嫁さんが教えてくれた。
嫁に対してもそう言ってたんじゃないかと思ってる。
間家族は脳内フリーズ状態らしく動くに動けない状況らしい。

今日看護婦から嫁のバッグと下着を持って来て欲しいと言われた。
夕方財布だけ入れたバッグと派手派手下着のみを持って行ったら必死でバッグの中を探してるから
「通帳・カード・印鑑は没収な」
とだけ言って帰ってきた。

さっき嫁親から大事な話があるって言われたから行って来る。

昨晩嫁親に呼ばれて行ったら。
「俺君には黙っていたが娘に1千万持たせてた」
って言われたから
「知ってますよ、家探しで見つけましたから」
って答えたら
「すまんがそれの半分を慰謝料として取って欲しい」
「残りで治療費を払い後は娘に渡してくれないか」
との事
「君が1千万要求するのは聞いたがあんな馬鹿でも私たちの娘なんだよ」
「この家に入れる事はしないがさすがに丸裸で放り出すのも忍びない」
との事。
俺も間男潰したし金に執着する訳じゃないんで受け入れた。
次に
「これは君に言ったら怒るかも知れんが」
と前置きして
1 嫁を社員寮に入れる
2 一般社員として入社させ給料から慰謝料を払わせる
3 家族としてでなく社員として接する
以上の事を言われた。
俺としては受け入れがたいが養子の身分なもんで拒否できなかった。
俺からの条件として
1 事務員でなく現場に出す事
2 給料は俺が決める
と要望したらあっさりと許可された。

その後、間男にした制裁を報告したら
「君の怒りが収まるんなら好きにすればいい」
と言った後
「私達夫婦も昔君と同じ立場だった事があるから」
とビックリ発言。
詳しく聞くと嫁親はどちらも再婚同士で二人とも相方の浮気で離婚してた。
嫁は連れ子で無く二人の実子だ。
嫁父の方はサラリーマン時代の上司に寝取られたそうだ。
それが原因で会社を辞め独立して2人を見返したい一心で頑張り会社を今の規模にしたそうだ。
かなり屈辱的な事を言われたのも発奮材料になったそうだ。
嫁母は10代で同級生と結婚したものの同じく同級生と浮気されその相手が妊娠と同時に問答無用で追い出されたそうだ。
嫁親の浮気不倫嫌いは結婚前から知ってたけど理由聞いて納得した。
だから余計嫁が許せないんだろうね。
最後に離婚届け提出は2年待ってくれないかと頼まれた。
理由は何度聞いても言わないけど
「頼みを聞いてくれたら2年後に会社の全てを君に譲って隠居する」
って言いだした。
それについては返事は保留してる。

それで今日病院にカードだけ持って行ったら
「お願いしますから読んであげてください」
って嫁の目の前で捨てた手紙渡された。
一応持って帰ったけど読む踏ん切りがつかない。

間男は喋れるようになったら弁護士が最後の追い込みかける予定。
嫁の方は今日弁護士が病院に行って話はしたようだが詳細の報告は明日聞くことになってる。

嫁が退院した、どうやって帰って来たかは知らん。 間嫁さんから請求のあった500万だけど250に減額してもらったらしく一括で支払ったらしい。

2度と間男や間嫁さんに接触せずもし間男から連絡来ても無視すること、もし嫁の方から連絡したり会ったりしたら追加請求200って事だった。
帰ってくるなり俺と嫁親に土下座謝罪でテンプレ通りの復縁要請。
不倫してた理由を聞くと
「大人のデートが楽しくてつい」
だそうだ。
間男は人の物が欲しくなる性癖らしく嫁も俺との婚約が決まってから連絡して来て口説いたそうだ。
人妻に自分の子供を托卵させるのが無上の喜びらしい。
嫁にも
「あんな下らん男より超優秀な俺の遺伝子の方がこの世に残す価値がある」
って言い続けたらしい。
ただセクロスは自分勝手でさっさと入れて出したら終わりってパターンだそうだ。
なんでそんなのと1年もやってたのか聞くと
「強引で知らない事や遊びに連れて行ってくれたからでセクロスはお礼のつもりだった」
だって。
あほらしくて聞いてるのが馬鹿らしくなってきた時
「以前から俺君と小作りするから関係を辞めたい」
って言ってたらしいんだがあの日の2日前に
「最後にもう一度やらせろ、中に出させろ」
って言ってきたらしい。
「するのはいいけど生は絶対嫌だ」
って言ったら
「亭主と寝てるベッドでやらせるなら中は勘弁してやる」
と言ったそうだ。
この時点でもう一回間男凹りたくなったよ。
そのあたりを全て文章にするように言ってその場を離れた。
「お前どこで寝泊まりするんだ?」
って聞いたら
「俺君の家には帰れないからここで」
って言うから
「ここにお前が住めると思ってるの?」
「お前はすでに両親とは縁が切れてるんだぞ」
と言ったら黙って見てた両親に向かって助けを乞うような目を向けた。
そこで母親が
「俺君が言った通りあんたと私たちはもう他人」
「私たちが一番嫌ってる事をあんたはやったんだからさっさと出て行きなさい」
と冷たく言った。

それ聞いた瞬間
「私はどうすればいいの」
って泣き出した。
「俺君はあんたが男連れ込んだ家はもういらないからあんたに買い取って欲しいそうよ」
「他人のあんたに私たちがお金出す理由なんてないから借金でもなんでもして払いなさい」
「俺君にも慰謝料払うの弁護士さんに聞いたでしょうから頑張って働きなさい」
「これに名前とハンコもお願いね」
と財産相続放棄の書類を出した。
もう嫁号泣で過呼吸起こしたよ。
落ち着くの待ってから
「私たちの最後の情として仕事と住む所は準備しといたからさっさと出て行ってね」
と寮の部屋の鍵と作業着を嫁の前に置いた。
「えっ」
と驚く嫁に対して父親が
「お前を社員として雇ってやる」
「けがでまだ動けないようだから7月1日に出てこい、それまでは俺君の家で謹慎してろ」
「当然一社員だから寮費は天引きするし昼の弁当代も引く会社以外でお前と接点は無い」
と告げた
「それが気に入らないならどこにでも行け」
「言っとくが離婚届けはまだ俺君に頼んで役所に出してもらってない」
「お前がまた男と付き合うのは構わんが不倫になることを忘れるな」
「わかったらさっさと帰れ」
と嫁の腕をつかんで玄関から外に放り出した。
その後しばらく玄関の外にいて泣いてたらしいがしばらくしたらいなくなってた。
1時間後ぐらいに俺の家見に行ったら明かりが点いていたのでおとなしく帰ったようだ。
携帯没収して家電も撤去したので新しく携帯買う以外外部に連絡取れない。

その後嫁両親と話したけど
「怒りは納まらんだろうがしばらく我慢してくれ」
「あの子のこれからを見てやってくれないか」
「それで期限が来てどうしても駄目なら出してくれ」
「その時は解雇して今度こそ放り出すから」
と言われた。
間男潰した事で多少落ち着いたから条件飲む事にした。

間男の方は間家族が完全に白旗上げてきた。
間男本人は俺をかなり恨んでるらしいがきっちりカタにハマってるから条件飲むしか選択肢無い状態。
弁護士には止められたが
「俺を恨むのは筋違い、俺を殺す度胸があればいつでも来い」
というメッセージを託した。
間男の方は弁護士に丸投げして嫁に対してどこまで鬼専務になれるか頑張る。

例え俺が追い出されるようになったとしてもそれを念頭に置いとけば2年もあれば色々準備できるから。
ある程度落ち着いて来たら嫁に最初ほどの怒りが出て来ないんだよ。
甘いと叩かれるだろうけど20代の頃グダグダだった俺を立ち直らせてくれたのは嫁なんだよ。
やった事は腹が立つけど今の立場にいられるのは嫁のお蔭なんだよ。
まあ2年でどうなるかわからんが嫁に対してかなりキツク接しようとは思うけど。
現場に出すつもりで一番厳しくて信用できる人に指導を頼もうと思う、嫁が中学生の頃から勤めてくれてる人だからやりにくいだろうけどお願いしてみるつもり。

ノンぺナじゃないよ。
残り500の内嫁名義の車とブランド物とか売って足りない分を給与から支払って事。
嫁にとってはかなりきつい内容だよ。
住んでる所は車ないと動き取れない。
電車に乗ろうにもバス乗り継いで行かないと無理。

忘れてたけど、間男が関係してた人妻さんの子供は間男の子と言うのが確定したそうだ。
そちらも離婚で間男は慰謝料もう1件抱え込んだ。
こんな奴がいること自体驚いた、エリートのクズっているんだね。

今、嫁の携帯に間男からメール来た
「退院したそうだな、俺はお前の下等亭主のせいでまだ入院しなくてはならない」
「あいつのせいで俺の人生メチャクチャだ、お詫びとして病院に来て俺のザーメン受け入れろ」
だそうです。
てめえのチンコは火傷で使えないだろうが。

これ嫁に成り代わって返信した方がいいかな?
それとも明日お見舞いに行った方がいい?
弁護士には見せるけど。

嫁の携帯持って病院へ行ってきた。 間男は喋れるようになったようで散々言いたい事言ってたけどメール見せたら黙った。

「このメールはお宅の役員さんにも送っといたから」
とだけ言って携帯画面見せた。
「お前のような奴に負けたとは思ってない」
とか
「このままじゃすまさん今に見てろ」
だの全くの反省の色無し。
「あんた人としてまず謝るのが先だろ」
って言ったら
「てめえが土下座しろ俺をこんな目に合わしやがって」
って言うから
「俺はすでにあんたに謝罪したはずだ」
と言いながら間男の顔の前に俺の顔近づけた。
目が怯えてたよ。
「あんたのメールや過去の言動聞いたよ、出来るなら今度こそ息の根止めたいと思ったよ」
「でも今はやらない、あんたみたいなレベルに落ちたくないから」
「あんた自称優秀なんだってね、下手打って親兄弟に迷惑かけるぐらい」
「まあベトナムでエンジョイしてきなよ、だけど慰謝料は忘れず払えよ」
「一度でも滞ったら切り取りに行くから楽しみにしとけ」
と言って帰って来た。

担当さんから電話があって托卵された旦那さんが会社に弁護士同伴で乗り込んできたそうで当初の依願退職から解雇になる見込みだそうだ。
会社のイメージを著しく傷付けたって事だね。
子会社の下請けの話も消えるだろうって言ってた。

間男は退職金もパーでどうやって慰謝料払うんだろうね。
親兄弟の資産全部無くなるだろうと思ってる。

帰ったら嫁が玄関先で土下座してた、無視して家に入ったけど。

少し進展あったので報告。
間男との示談終了。
間男自身はゴネたが間家族の
「これ以上恥晒すな」
「あんたが被害届出してもどうしてそうなったかの理由が世間様に知られたらどうするんだ」
で弁護士作成の示談書にサインいただきました。

2千万は取れなかったけどね。
慰謝料から医療費差し引いてもこちらが頂く分がかなり多い。
間男実家と間兄の家を担保に借り入れしたそうだ。
そのせいだけじゃないけど間兄も離婚だそうだよ。

間男は托卵した人妻の旦那からもかなり高額の慰謝料請求されたらしくて精一杯の額だそう。
ここに来て余罪がゴロゴロ出てきて憎き相手ながら心配になって来た。

後は嫁に対しての制裁を開始するよ。

今日は、嫁の事実関係の書面と謝罪文読んで話してた。 どうも間男の本命は例の人妻で托卵して出来ない間のリリーフだったようだね。

とにかく生中出ししたがったらしい。
どこまで繁殖意欲が旺盛なんだか。
俺との結婚が決まった頃にそれまで見向きもしなかったのに言い寄ってきたようだ。
ほんで最初はサークルのOBの集まりの2次会で酔わされてホテルに連れ込まれた。
そこからは俺に言うとか親に写真見せるとか脅して関係を続けたが間男の狡さで高級レストランやブランド品のプレゼントとかでごまかされてたんだと。
「最初にやられた時に何で俺に言わなかった?」
「警察に強姦されたって被害届出しとけばこんな事にはなってなかった」
って言ったら号泣しながら土下座するだけだったよ。
色々話したけど
「俺が後輩の女連れ込んで夫婦のベッドで寝てたらどう思うよ」
って言ったら
「ごめんなさい」
しか言わなかった。
「お前には詳しく話してなかったけどあの家は俺の両親の思い出が詰まった大事な家なんだよ」
「これから2人で家族が増えながら思い出作って行こうとしてたのにあんな男に汚されて俺は帰る家が無くなった」
「あのベッドも俺の両親がオーダーして作ったもんで2回しか寝ることが出来なかったいうなれば形見だ」
「お前は何もかもぶち壊してくれたんだよ」
と俺も泣きながら怒鳴ってた。
嫁はそれ聞いて益々号泣してどうにもならなくなったから
「とりあえず2年間は親父さんの願いをきいて離婚はしないがもし俺にいい人が出来たら問答無用で提出するからそのつもりで」
「親父さんから聞いてるだろうけどお前が男作ろうが遊ぼうが自由だ」
「だけどそれが俺の知る所になったら2回目と言うことで奴以上の制裁を科すから覚悟しとけ」
と言って新しくかりたアパートに帰った。
嫁は嫁母にこってりと説教されて俺の家に帰って謹慎生活続行。

1時間前ぐらいに嫁友が嫁親の家に来て俺が呼び出された。
間男がサークル仲間に無い事無い事言いふらしてたみたいで事実を嫁に聞こうと俺の家に行ったら嫁が泣いて話にならないので来たそうだ。

示談成立前の話だが間男のアホは
「役立たずの間嫁と離婚して俺嫁と再婚する」
って言ってたそうだ
「俺と結婚するはずだったのに悪い男に引っかかってたから助けに行ったらボコボコにされた」
って事にされてた。
呆れて事実と証拠と示談書と嫁の申告書見せたら間男に対して怒りをあらわにしてくれた。
「絶対あいつを許しませんこの話はみんなに言って真実を広めときます」
とも言ってくれた。
帰り際
「俺さんが怒るのはもっともですけど嫁美さんも被害者みたいなもんじゃないですか」
「今回だけは何とか許してあげられませんか、お願いします」
って帰って行った。
俺自身もまだ揺れてるんだよねどこまで攻めていいか。
もうちょっと考えてみる。
謝罪文の中に
「キスやフェラは絶対にしませんでしたゴムを勝手に外して入れようとした時はビール投げつけて帰りました」
と書いてあったんだけどそんなんだったら最初の1回除いて拒否しろよと思ったのが正直な気持ち。
全く気持ちよくなかったとか早く終わって欲しかったって今更言われても何とも思わん。
あの日も
「最後だから一緒に朝までいたい」
とか言われて超高額ワイン持って来て飲まされて訳わからんうちに寝てしまったんだと。
「あの日バレて私にとっても良かった、殺されなかっただけ感謝してます」
って書いてあったよ。

松葉杖で動きにくいのを歩いて移動させるのも制裁と」言えば制裁かな。
まだ差し歯が入ってないから一挙に20ほど老けたような顔になってるよ。
顔もまだどす黒い所が残ってるしね。
近所のおばちゃん連中の噂にはなってるだろうね。

間男をボコボコにして慰謝料貰って社会的に終了させ間家族までガタガタにした事である意味燃え尽き症候群みたいだ。
本来なら逮捕される所だったのにね。
間男の言動しって一気に怒りが沸点までいって復讐に走って終わったとたんにストンって落ちた感じなんだよな。
まあじっくり考えてみるよ。
明日間男の所に最後のお見舞い行って来るよ。
悪い男の俺に引っかかった嫁を助ける為に身を挺したそうだからね。
離婚してないのを報告しとくわ。
色々嘘広めたのもお礼言っとかないと。

病院行って
「たぶんあんたの顔見るのも最後だろうから一言言っとく」
「自分のやった事棚に上げて嘘八百並べた所ですぐばれるんだよ」
「正義の味方が悪人に返り討ちにあって名誉の負傷だそうだね」
「あんないい嫁さん泣かせて他人の嫁にガキ産ませてもう一人手籠めにして大した正義の味方だよな」
「親兄弟に借金させていい年した大人が尻拭いしてもらうなんざ恥ずかしいなんてもんじゃない」
「まあ俺がやらなくてもあんたそのうち殺されるだろうな、楽しみにしてるよ」
と言ってドアに向かい
「あっ、そうだ」
「あんた嫁美と結婚するんだってね」
「でも俺たち離婚してないんだけどね」
「また同じ事繰り返したら今度こそ・・・・」
って最後の部分は言わずに帰ってきた。
間男は悔しさが全身からにじみ出てたよ。
何も言わずに下向いて震えてた。

今日、間男の解雇が本人に通知されたそうだ。 間男は相当ごねたそうだが決定事項は覆る訳が無い。

担当さん言うにはベトナム行は消えかけたけど逆恨みで何するかわからないから担当さんの判断で子会社の下請けに話して雇ってもらうそうだ。
かなりハードで過去半年持った人間いなくてその会社の社長が喜んでたって。
俺のみに恨みが集中してるそうだから
「国外追放しとけば手が出せないだろ」
って言ってた。
給料で釣って受け入れさせたそうで国内の同業他社には就職できないように根回しも完了済みだそうだ。
できれば悪い病気でも貰ってタヒってくれれば安心なんだけどね。
一瞬だけど俺の所で雇って嫁と顔合わして仕事させるのも面白いかと思ったんだけどね。
あの高層ビル並みに高いプライド粉々にしてやろうかと。
ノックアウト大学出たのがそんなに優秀なんだろうか?

嫁は相変わらずの謹慎生活で外出は病院行く時だけ、それも逐一連絡入れさせてる。
家族関係のみの電話番号メモリーしたキッズ携帯渡したよ。
俺名義だからどうでも出来る。

今日の事だけど間男が退院しやがった。 それで大人しくしてるのかと思いきややってくれたよ。 真っ直ぐ俺の家に接触禁止の約束無視して突撃かまして来た。

俺携帯に嫁携帯から電話があって出たら何も言わないけ嫁と男の怒鳴りあう声。
「帰ってェ〜」
「お前は黙ってついてくりゃいいんだ」
「とにかくここを開けろぉ〜」
とただならぬ雰囲気に家まで自転車漕いで駆け付けたら玄関のドア蹴りながら叫ぶ間男。
「てめえ何やってんだ」
と俺も声荒げて間男につかみかかったら間男の腕に巻かれたギブスで殴られ鼻血でたよ。
何とか取り押さえたら
「お前のせいで何もかも無くなっただから嫁美連れてベトナム行くんだ」
「あいつは今でも俺の女だから俺の世話するのが当然だろうが」
と訳わからん事ほざいてた。

担当さんが国外追放の意味を込めて子会社の下請けさんに頼んでくれたんだよ。
向こうとしては誰も半年持たないような所に行ってくれる人間だから素行不良は監視役付けるって事で雇ってくれたそうだ。

速攻で警察に電話して俺への暴行と玄関破損でお持ち帰りしてもらった。
追加慰謝料なんていらないからいっそタヒれと願ってるよ。
離婚されて自分の子供産ませた本命の所に行かずになんで嫁の所来るのか不思議だよ。
弁護士にも連絡したけど呆れすぎて笑ってた。
しょうがないから嫁は俺のアパートに住まわせて俺は嫁実家に世話になる事にした。
慰謝料で奴が入り込んだ寝室とリビングと風呂とトイレリフォームする事にした。

その日の夜に間親と間兄が謝罪に来てひたすら土下座された。
弁護士と担当さんと相談していたので
「被害届は出しませんし公にはしませんので安心してください」
「許したわけじゃありませんベトナムに行ってもらうためです」
「約束破った追加の慰謝料も頂くつもりもありません」
と言ったら間母が泣きながらさらに土下座。
ここまで来ると間家族も間の被害者のように思えて哀れに思えてきた。
色々話したんだがなんと間の元嫁さん男と住んでるそうだ。
孫に会わせろと言っても会わせないから押しかけたら男が出てきて
「結婚前提で同棲してます」
って言われたそうだ。
結婚時からなのか離婚後からなのか知らないが間の元嫁さんには今度こそ幸せになって欲しい。
間男は現在間兄の家で軟禁生活で7月初めに国外追放が決まってる。
ほんで俺は来年1月に社長に就任することになった。
嫁親父が会長だから役職が変わるだけで全く変わらないんだけどね。
嫁は明日から平社員として出勤する。
今朝朝礼で
「皆さんと一緒に働きます一切気を使う必要ありません」
「当面見習いで現場で仕事をおしえてやってください」
って言っといた。
何とか歩けるまで回復したからなんとかなるだろうと思う。
理由は社員全員知ってるから針のむしろだろうけどこれも制裁のひとつ。

嫁の初出勤日なんだが8時始業なのにまだ来ない。 立場が分かってないようで。

嫁は今の所真面目に仕事してる。
初日に出てきたのは7:50だった。
俺より先に社員のおばちゃん連中から厳しい指導が飛んでた。
「8:00始業って事は8:00までに仕事が開始できる状態にすること」
「今までのお嬢さん態度だと容赦しないから」
っていきなり涙目になってたけどスルーしといた。
俺が何もしなくても説教されてたしね。

2日目から7:00過ぎに出てきて準備とか掃除してるようだ。
肝心の仕事の方は小さい頃から親の仕事見てたようで門前の小僧じゃないけど結構使えるそうだ。
俺に何か話しかけたそうにしてるけどスルーしてる。
てかおばちゃん軍団に囲まれてるから一人になるのはトイレぐらい。
もう少し見てようと思う。
でもおばちゃんってすごいよ、いきなり今回の浮気について集団説教始めたから。
厳しい言葉浴びせながらもフォローしてくれてるからまあ大丈夫かと。

確かに針のムシロだろうけど結局は自分で選んだんだからね。
でもおばちゃんの説教聞いてると不倫経験者が語るような事言ってんだよね。
「不倫・浮気してもいい事なんてなかった」
とか言ってるのが聞こえるとおいおいあんたらって思うけどね。

嫁の部屋の両隣の女子社員には監視頼んどいた。
嫁と同年代だから裏切る可能性はあるけどね。
一人は旦那の浮気で離婚した人だから俺の気持ちは良く分かると言ってくれた。
アホ間男は無事国外追放になったからしばらくは安心な日が続けばいいな。
女は当分いいやって感じかな。
しばらくは清いセンズリ生活を送るよ。
後、引退後から嫁親父に引きずり込まれて始めた趣味のラジコン飛行機に仕事以外の全精力傾けて日本選手権出場を目標にする。

1 2