1. まとめトップ

邦ロック好きが結婚式BGMセトリ組んでみた【披露宴・後半編】

昨年結婚式を挙げました。邦ロック中心に音楽好きな新郎が、「定番曲はイヤだ!!」とお気に入り曲ばかりの結婚式にした結果です。(その3:披露宴・後半編)

更新日: 2017年07月09日

12 お気に入り 39589 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

RioRio1982さん

■披露宴、後半編です!

■後半編、セットリストはこんな感じ!

前半編に続き、こちらもiTunesのプレイリストを、
お色直しから屋外でのガーデンパーティ、
ケーキカット後は室内に戻りまったりと。

■お色直し入場→ガーデンパーティへ!

披露宴後半は、お色直し入場…とみせかけて
サプライズのガーデンパーティ!
ゲストのみんなをテーブルから野外へ誘うような選曲を狙いました!

プロフィール・ムービーが流れまったり歓談ムードになった会場に、
突如鳴り響くスカ・ナンバー。
「カモン!」の連呼とともにガーデンテラスへのカーテンを開けてもらって、
ゲストの皆をガーデンに誘いました。

スカパラに続けて、MONOEYES / 細美武士の鉄板POP TUNE!
弾け飛ぶような軽快なメロディがぴったりでした。
そう、開放的なガーデン・パーティで、
この曲のMUSIC VIDEOみたいなワイワイ騒ぐ雰囲気を作りたかったんです!

お次も、弾けるようなキュートなナンバーを。
スカパラ→MONOEYESと、POPだけど男らしい曲が続いたので
えっちゃんの可愛い歌声で、雰囲気を変えてみました。

女性ボーカルでPOPなバンドサウンドを続けました。
挙式のゲストの大半が同級生で、ちょうど中学~高校時代くらいに
ジュディマリを聴いてた年代。
チャットモンチーに挟まれて年代的にはちょっと古いけど、
ゲストの耳馴染みもいいかなーと思っての選曲です。

チャットモンチーが好きで、特にこの曲はいつか結婚式するなら
かけたいなとずっと思ってたんです。
(実は5年近く遠距離恋愛だったので…笑)

式で流したのはノーマルver.だけど、TV限定のアコースティックver.も良いですね!

このTHE BACK HORNというバンド、自分のゲストの1人が大好きで
学生時代に教えてもらって自分も好きになったバンドです。
めちゃくちゃ暗い歌詞や退廃的な曲が多くて「結婚式でバクホンは無理だろー」
と言われたので、選曲してやりました!
彼らにしては珍しく前向きな歌詞とメロディで大好きです。

※追記:挙式後に「With You」というめちゃくちゃWEDDING向きな曲を
 発表してたりします。メンバーが結婚したりした影響なのかな。

野外でのガーデン・パーティから、そのまま青空の下でのケーキカット。
アップテンポなROCKナンバーが続く流れから一変、
アヴリルのミディアム・ナンバーで。

ケーキカット後は室内に戻り、歓談&ティータイム。
外でワイワイ騒いだ後だったので、ちょっとまったりする曲を続けました。

式も終盤で、これが終わったら次はいつ会うか分からない友人も多くて
「♪また会えるよ 約束しなくても」っていう歌詞を勝手に噛み締めていました。

遠方から来てくれた学生時代の先輩が「くるり」好きで、
どこかで1曲は流したかったんです。

自分も妻もスピッツ大好きで、元々は
「BGMぜんぶスピッツ縛りでいいんじゃない?」なんて言ってたので
やっぱりスピッツ多めです。

新しめの曲も1曲。
「愛してる」を自然体で歌っちゃうマサムネさん、やっぱ凄いわ。

ちょっとマイナーなナンバーだけど、ピロウズの隠れた名曲。
「♪あなたは特別で ほかの誰ともちがう」って歌詞を、
式の準備中のある日、車の中で聴いて心を鷲掴みにされて、ここに選曲しました。

両親へのプレゼント贈呈のBGM。
こういうとこのBGMは誰しも知ってる曲で無難に纏めといたほうが良さげかも知れません。
ほかで自分の好みの曲をガンガン掛けたいなら特に。

新郎新婦、退場曲。
スピッツで入場して、スピッツで退場する結婚式でした。
手拍子とか起こっちゃって嬉しかったなぁ。
「♪扉あけたら~」でちょうど、式場の出口の扉の前で一礼。
狙ったみたいなタイミングでした。

しかしPV見ると明らかに、、、霊安室???
まぁマサムネさんいわく「スピッツの歌詞のテーマは死とセックス」ですからね。
挙式BGMでは誰もそこまで気にしない、、、ハズ(汗)

エンディング・ムービーBGM。
式当日の写真に、ゲストへのメッセージを添えた動画を
式場に作ってもらいました。

この曲は妻のリクエストだったんですけど、
二次会とか式の後で、「あれ誰の曲??」っていう問合せがけっこう多くて、
選んでよかった!

■これで、結婚式はすべて終了・・・?!

なのですが、完全に自分のワガママで、
披露宴終了後に、ちょっとだけオマケを。

1