1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

-AvA-さん

よ~く考えると違いが曖昧な似たモノは多く、また、個人の主観で定義が変わることもある。そんな「似て非なるもの」の違いを改めて調査! 些細な言葉の違いに込められた意味になんだか納得、なのである

料理研究家の森崎友紀氏によると、「ミルク入りコーヒーという意味では同じもの。カフェオレはフランス語、カフェラテはイタリア語の造語で、味の違いはベースになるコーヒーとミルクの量」。

カフェオレはドリップコーヒーをベースに、コーヒーとミルクの分量は5対5。ラテはエスプレッソ2割にミルク8割の配分だそう。

根本的にコーヒーが違うのです。
カフェオレとカフェラテではコーヒーそのものが違うのです。
カフェオレのコーヒーは普通のコーヒー。
カフェラテのコーヒーは「エスプレッソ」。

ふつうのコーヒーとは従来から日本でおなじみの紙フィルターなどで濾して作る「ドリップ・コーヒー」のこと

『エスプレッソ」とはイタリアから来たといわれるコーヒーのいれかたで、高い圧力をかけて短時間で抽出するので(ドリップ方式ではなく別の)「エスプレッソ・マシーン」で作ります。

一般的に、ドリップには比較的浅煎りの豆(酸味が多く苦みが少ない)を使うのに対し、エスプレッソには深煎りの豆(酸味が少なく苦みが多い)を使います。

エスプレッソは濃く、旨味が凝縮され、カフェインが少ないコーヒーです。表面が細密な泡で覆われていることがあります。

カフェラテは上記のとおり20:80でミルクはスチームミルク (泡が立たないよう温めたミルク) 。
カプチーノはエスプレッソ3に対してスチームミルク3、フォームミルク4、の割合 (フォームミルクとは蒸気で泡立てた牛乳のこと) 。
割合についてはお店によって多少違いはあります(1/3ずつというところも)が、フォームミルクが入っているかどうかが違いですね。
つまりミルクがあわ立っているのがカプチーノですね。

【エスプレッソとドリップの違い】 エスプレッソは圧力をかけて短時間で抽出するので、ドリップコーヒーより、お湯に溶け出す成分の量が多くなります。 濃厚な味に仕上がり、うま味成分も多くなる、ということです。 カフェインの量はドリップコーヒーよりエスプレッソの方が少なくなります。

【エスプレッソ】 •飲み方 一気に飲み、その芳醇なコクと香りを楽しむ。飲み干した後に残る砂糖をスプーンで食べる。 •特徴 リラクゼーション効果が高く、旨味も多い。 •カフェイン量 コーヒーのカフェイン含有量は一杯あたり150~300mg。エスプレッソは一杯あたり60~120mg。

【エスプレッソの量が少ない理由】 抽出方法に関係あり。 ドリップ方式と違い、機械で圧力をかけて一気に抽出しますが、量が多くなると時間がかかり過ぎて、えぐ味や雑味が強くなります。 量は少ないですが、濃度が濃いことで飲み終わった後のアフターテイストが続きます。

エスプレッソはあの量に角砂糖2個くらい入れて苦あまーくしてクイッと飲むものだから。 エスプレッソをブラックなんてキチガイL(’ω’)┘三└(’ω’)」

補足するとエスプレッソって個人の好みだけど本当はストレートで飲むんじゃなくって砂糖しっかり入れて飲むんだよね甘苦いのがいいっていう。頼み方もダブルとかシングルって頼み方がある。量の違いね。 twitter.com/kokorosha/stat…

カフェでダブルエスプレッソを頼んだら伝わらなかったことあるな。ダブルは倍の量のこと。他の店員さんが気づいて出してくれたけど。 メニューに無い不適切な頼み方して申し訳なかったな。エスプレッソはあるお店だったから伝わると思ったのだ。

エスプレッソ エスプレッソは7gのコーヒー豆から約1オンス(約30ml)のコーヒーを抽出したもので、一般的なドリップコーヒーよりも量は少ないですがより濃厚です。 エスプレッソ・ドッピオ ドッピオはダブルの意味で、約2オンス(60ml)のエスプレッソです。

これぞ本物のエスプレッソ&カプチーノ KIMBOバリスタ競技会から目が離せない! culture.fiat-auto.co.jp/food/13265 #FIATカルチャーマガジン @FIAT_JPより うわわ美味しそうなエスプレッソ(*^^*)美味しいの飲みたいなー。

1