1. まとめトップ
  2. おもしろ

Twitter発。「最強…」ってなる『お婆ちゃん』エピソード

思わずニヤけてしまう、「お婆ちゃん」にまつわる強烈な話を集めました。

更新日: 2017年06月20日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
141 お気に入り 251675 view
お気に入り追加

◆『102歳の祖母』

102歳の祖母はモロゾフのプリンが大好きで、施設に差し入れると毎回「こんなに美味しいものが世の中にあったの知らなかったねえ」と大喜びして、食べ終わった後もしばらくカップを拝んでますが、そこらの安プリンを食べさせようとするとスプーンぶん投げて拒否するそうです。血のつながり感じます。

◆『100歳くらいのおばあちゃん』

でも今日100歳くらいのおばあちゃんに点滴とるとき「こんな若いのに医者やってるの?さっき幼稚園から出てきたばかりみたいな顔してるじゃないの」って言われて笑ったしご家族の「すみません、この人にとって35歳以下は全員幼稚園から出た人なんです」ていうフォロー爆笑した 幅が広い

◆『91歳のご婦人』

91歳のご婦人よりお電話賜りまして、終始お美しい口跡と穏やかなご様子に私も夢見心地でお話を了えたのですが、どうやら受話器を戻し損ねてしまわれたようで、そうとはご存じない先様の、「終わったー終わったよー。電話は緊張するねーヒャッホーイ!」というお声に胸いっぱいでございます。

◆『90歳のおばあちゃん』

あ!あと多分90歳とかいうおばあちゃん(すんげー腰まがってる)が車運転してて度肝ぬかれた。別に貶ます意味で言っているわけじゃないんだけど、すんごい腰がキテテ、ハンドルに覆いかぶさるように運転していたんだよ。でも止まれじゃないのに相手に道譲ってた、感動した。

◆『87歳の祖母』

うちの87歳のばあさんが体調悪いと言うので顔を見に行く。 事情を聞いたら、ゴルフコンペして飲んで、次の日ブルーノートでジャズ聴いて渋谷の雀荘で徹夜麻雀して、始発で帰ってそのまま妹と遊んでたらしい。 俺でも体調崩すわ

◆『86歳のおばあちゃん』

今年聞いた中では、とある結婚式で新婦が投げたブーケを86歳のババアがつかんで翌日から頬にピンクのチークを入れだしたって話はわりと好きですね。おはようございます。

◆『80歳の祖母』

うちの婆ちゃんもう80になるけど、「〇億円当たりました!」っていう詐欺のお手紙バンバン来る度に楽しそうに、同封されてる返信用封筒にありったけのチラシを詰め込んで代引きで送り返してるの見てこんな風に年取りたいって思った

◆『知らないおばあちゃん』

突然知らないおばあちゃんに「えぐさいる、ってなにかしら?」と聞かれたので、優しく微笑みながら「おうたを、うたう、ひとたちですよ」って教えてあげたら、「え?おうた⋯?ああ、ミュージシャンってことね?最初からそう言ってくれたらいいのに」って飽きれられて以来、筋肉でしか笑えなくなった。

◆『新幹線で隣り合わせたおばあちゃん』 【2選】

新幹線で隣り合わせたおばあちゃんに話しかけられてんだけど、「わたしは肩こりなんだけど、マッサージに通うお金がなくてね。だからせめてでもと思って毎朝、両肩にバンドエイド貼ってるの」って話はけっこう延髄にきますね。

チェキ並べてたら新幹線で隣になったおばあちゃんに話しかけられ「好きなアイドルの写真です!ちょっと買いすぎました(笑)」とこたえたら「私は徴兵された主人の写真をひとつしか持ってないのよ、持ち過ぎることなんてないのよ」と言われてよりいっそう1枚1枚を大切にしようと思った

◆『コンビニ』のおばあちゃん

1 2





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。