1. まとめトップ

【潜在意識】優柔不断な方にオススメ!ペンデュラム 【ユング・フロイト】

水晶が綺麗な振り子です。話題がない時にネタになることや振り子は古くから用いられており、フロイトやユングの心理学やキネシオロジーという筋肉反射の学問とも深い関係があります。一見、他力本願のようですが実は自分の深層心理(無意識)から出た自分の中の答えです。

更新日: 2017年11月15日

6 お気に入り 725 view
お気に入り追加

ペンデュラムとは?

ペンデュラム(Pendulum)
振り子。
ペンデュラム (漫画) - たつねこの漫画。
ペンデュラム (バンド) - 2002年にオーストラリアのパースで結成された、ドラムンベースミュージックを主に手がける音楽アーティスト。
PENDULUM - 石井竜也のアルバム。

ペンデュラム:pendulum=振り子のことです。
 ひも等の先に重りを付け、その揺れ動き方によって「YES」「NO」を占うもの。
 もともとは地下水脈を探すための道具として、ヨーロッパでは千年以上前から用いられてきたと言います。古くさい迷信と思うなかれ。振り子や三つ又の木を使うダウジング(井戸占い)は、現代でも世界各地で行われ、水脈ばかりか油田の調査、行方不明者の捜索、食品の安全性の確認などにも使われています。アメリカにはダウジングの専門家(ダウザー)が、数千人いると言われます。

振り子なら何でもいいの?

 ペンデュラムは自分で作ることもできます。糸の先に五円玉や、小さめのペンダント、木片などをくくりつければもうできあがり。ただ、正確さが欲しい時には、重りの先は尖っていた方が動きが分かりやすい場合があります。
 また、自分と波長が合うパワーストーンのペンデュラムを使いこなせば、かなりの精度で占いを当てることができるとされます。

どんなことを占えるの?

 ペンデュラムが答えられるのは、「YES」か「NO」かの二者択一の質問です。
 ただこの点は様々に応用可能です。自分にとってそれが「良い」か「悪い」か、何かがここに「ある」か「ない」か、ある行動を「するべき」か「しないべき」か・・・、など質問の設定次第で、かなり複雑な問題にも対処できます。
 例えば、お目当ての異性が自分を「好き」か? →「YES」か「NO」
 告白「するべきか」か? →「YES」か「NO」
 このハーブは私に「合う」かか? →「YES」か「NO」
 宝くじを「今日買う」べきか? →「YES」か「NO」
 さらにはロト数字の出目をひとつひとつ占うため、「このコマに数字の1を書くべき」かか? →「YES」か「NO」・・・、などといくらでも応用できます。

どうやって占うの?

1. 浄化と準備
 パワーストーンのペンデュラムなら最初に浄化を行い、占い役になってくれることを頼みます。
 そして、自分にとって適当なひもの長さを決めます。いろいろ試してみると、ひものある部分で一番振り子が良く揺れる部分がありますので、そこを持つようにします。

2. 意識集中のウォームアップ。
 椅子などに座り、ペンデュラムを片手で軽く前に下げ、振り子の先を見つめます。「振り子は揺れる」と心の中で思います。すると自然に振り子が揺れ始めます。次に、「振り子は止まる」と心の中で思います。やがて振り子は止まります。これを数回繰り返すことで、集中力が高まります。

3. 「YES」「NO」の揺れを確認する
 ある質問に対して、振り子が時計回りに回れば「YES」、反時計に回れば「NO」という意味であるとよく言われます。
 しかしこれは一般的な回答であり、個人個人によって振り子の動きは変わってきます。
 そこでまず、答えがはっきりしている質問をして、振り子の動きを確かめます。
 例えば;
 あなたが女性で、「私は女ですか?」と言う質問に対し、振り子が時計回りに回れば、それが「YES」の動きになります。あるいは、「私は男ですか?」という質問で時計回りに回れば、その動きは「NO」を意味することになります。
 回転運動の他に、上下に揺れたり、左右に揺れたりする場合もありますから、「ここは日本ですか?」「私は金属ですか?」など、答えのはっきりした質問をいくつか行い、自分にとっての「YES」「NO」の揺れを確認しておきます。

4.占いを開始します
 質問はあらかじめ考えておき、機械的に質問していくようにします。
 質問に必要なものも、あらかじめ用意しておきます。例えば、自分に合ったアロマ・オイルを探すときは、候補のオイルを机の上に並べておき、ひとつひとつ「このオイルは私に有益ですか?」という具合に占います。

5.占い終了
 大いなる智恵を与えてくれたことを、聖なるものと、ペンデュラムと、自分に感謝し、占いを終えます。

キネシオロジーとは?

キネシオロジーは、1964年にジョージ・グッドハート博士が「応用キネシオロジー(アプライド・キネシオロジー)」として発表したものです。私達の身体は、筋反射を調べることにより、私達にとって何が良いのか、それとも悪いのかを正しく示すことができると言うことを発表しました。当初は医療家や治療家向けのものだったのですが、 現在は、「アプライドキネシオロジー」として日本でも学ぶことができます。

ダウジングとは?

ダウジングの一つに、ペンデュラムというのがあります。

振り子の動きによって、YES NO、をみることができます。

ペンデュラムの作り方

ペンデュラム販売サイト

関連まとめ

1





feelthebernjapanさん

米国の大統領選を機に色々な情報を調べています。元ネタ記事を書いて下さった方ありがとうございます。そちらのサイトにアクセスが飛びますように⭐︎