1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

怖いもの見たさで…キモい展など夏のちょっと奇抜な展示イベント

ちょっと奇抜な展示イベントが色々。キモい展、シリアルキラー展、ぶっとんでるいきもの展、怖い絵展。

更新日: 2017年06月20日

caerulaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
407 お気に入り 220541 view
お気に入り追加

東京スカイツリーで「キモい展」

東京スカイツリー(R)内の東京ソラマチ スペース634で、世の中の気持ち悪い生き物を集めた「キモい展」が開催されます。期間は、2017年6月8日(木)~7月9日(日)まで。

「キモい展」は、「なんでそんな色なの?」「なんでそんな形なの?」「なんでそんな動きをするの?」といった疑問が浮かんできそうな“キモアニ(=気持ち悪いアニマル)”を展示するイベント。

同展では田中さんとコラボした限定グッズを販売。クリアファイル、缶バッジ、メモ帳、うちわ、フェイスタオルとバリエーション豊かな商品に、より一層“キモく”描かれた田中さんがデザインされた、日々使うことでちょうどいいストレスが得られそうな品々となっています。

キモい展行ってみたけど最高に気持ち悪かった(∩;´〜`)∩ 個人的にはゴキブリタワーが1番ヤバかった pic.twitter.com/FQ8v6MS3QQ

銀座で「シリアルキラー展(後期)」

シリアルキラー(連続殺人犯)に関するあらゆるアイテムを蒐集するHN氏のコレクション展『シリアルキラー展2』が、銀座のヴァニラ画廊にて開催されている(前期5月11日〜6月11日、後期6月13日〜7月17日の二部制)。

射殺、暗殺、毒殺、絞殺…と、思わず目を背けたくなる凶行を犯した殺人犯たちの描く世界は、まるで見る者の心の淵を覗きこむような凄み、寂寥感、無常感、そして得体の知れないものと対峙した時のような緊張感に溢れている。

後期には、チャールズ・マンソンやエド・ゲイン、比較的珍しい女殺人鬼たちなど、20名の殺人鬼の作品が並ぶ。

銀座のヴァニラ画廊のシリアルキラー展行って来ました( ´ ▽ ` )そこら辺のホラー映画よりも狂気を感じる空間でした(*_*) pic.twitter.com/z2iioICbeF

シリアルキラー展の後期、チャールズ・マンソン自作のビーズの指輪とか、エド・ゲインの自宅の遺物とかどうやって入手したのかという展示があって興味深かった。前期でも思ったけどシリアルキラーの自筆の文字がとにかく独特で異様だった。

広島で「ぶっとんでるいきもの展」

広島テレビ放送は、世界中から個性豊かな生物を集めて展示する「いろんな意味で規格外!?ぶっとんでるいきもの展」を、7月29日(土)から8月29日(火)まで、広島・NTTクレドホールにて開催する。

食べ物を消化するのに1カ月かかる「フタユビナマケモノ」、疑似餌に近づいた魚を脊椎動物最速の0.0001秒で丸のみにする「カエルアンコウ」

突起のある爪を使って巻き貝の殻を砕く「トラフカラッパ」など、普通とは違う“ぶっ飛んだ”生き物の生態系をさまざまな視点で展示します。中には危険な生物もいますが、全体的にカラフルでカワイイ。

NTTクレドホールである、7月末からのぶっとんでるいきもの展めっちゃ行きたい絶対おもろい。一緒にやってるアクアリウムも気になる。 pic.twitter.com/jbs8I3D8EY

神戸と東京で「怖い絵展」(神戸が夏、東京が秋開催)

「恐怖」をテーマに絵画に隠された物語を読み解く「怖い絵展」(産経新聞社など主催)が7月から神戸と東京で順次開催される

テーマは「恐怖」。本展では、視覚的な怖さだけでなく、隠された背景を知ることで判明する恐怖を約80点の西洋絵画・版画の中で紐解いていく。“この絵はなぜ怖いのか?”その疑問の答えを探る場でもある、今までになかった新たな視点で作品に触れられる展覧会だ。

1 2





caerulaさん

マンガ・アニメ・映画・芸能などエンタメ系まとめ。その他もろもろ。