1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

切なさで苦しくなる…松本潤×有村架純『ナラタージュ』予告解禁

島本理生の傑作小説を、松本潤と有村架純共演で映画化する『ナラタージュ』(行定勲監督)。教師と元生徒の禁断の恋を描く本作。二人のラブシーンも話題だったが、ついに予告編が解禁。出会いから恋に落ちるまで、キスからベッドシーンまでが映し出される。坂口健太郎、瀬戸康史、市川実日子の姿も。

更新日: 2017年06月28日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
28 お気に入り 39635 view
お気に入り追加

◆松本潤と有村架純が共演する『ナラタージュ』

ナラタージュ(〃艸〃) 文字消しちゃった。 綺麗ねぇ✨✨ pic.twitter.com/R38D24M8Uw

松本潤と有村架純

高校教師と生徒として出会った2人が時を経て再会し、禁断の恋に落ちていくさまが描かれる。

妻帯者であり高校で演劇部の顧問を務める教師・葉山貴司を松本、葉山を全身全霊で愛する大学生・工藤泉を有村が演じるほか、坂口健太郎、市川実日子、瀬戸康史らがキャストに名を連ねる。

◆原作は島本理生の同名小説

本作は、島本理生の同名小説を「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲が映画化したラブストーリー。

累計発行部数47万部、発売から12年、行定監督が原作に出会ってから長年にわたり映画化を熱望し、企画・構想を温めてきた。

◆教師と元生徒の禁断の愛が描かれる

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から、後輩のために卒業公演に参加してくれないかと誘いの電話が来る。葉山は高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた教師だった。

卒業式の日の葉山とのある思い出を心に封印した泉だったが、再会を機に抑えていた気持ちが膨らんでいく。葉山もまた、泉への複雑な思いを抱き……。

しかし2人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる…。

◆二人のラブシーンの存在も話題に

[映画ニュース] 浴室での絡み合い… 松本潤&有村架純、狂おしいほどの恋に落ちた「ナラタージュ」 eiga.com/l/E1zQq pic.twitter.com/W4Yubqx5sW

禁断の恋を描く「ナラタージュ」、実写映画製作決定 松本潤・有村架純のベッドシーンはあるのか……!?

本作の見せ場の一つが、特報公開後反響を呼んだ浴室でのラブシーン。

「有村さんのことしか見てなかったので、自分がどう動いたかも覚えてないです」という言葉からも、いかに役に没頭していたかがうかがえる。

浴室シーンへの松本潤のコメント

◆そしてついに予告編が解禁

松本潤&有村架純、教師と生徒の禁断のキスからベッドシーンまで『ナラタージュ』予告編公開 #ナラタージュ cinematoday.jp/news/N0092310 pic.twitter.com/a90Rjl4D0t

松本潤と有村架純が共演する「ナラタージュ」の予告編がYouTubeにて公開された。

予告篇は、雨の中、傘をさす泉と、その視線にクロスするようにうつろな目をした葉山が車内の窓越しに振り返る、けだるさの中に意味深な余韻を漂わせるシーンから始まる。

泉の想いが語られながら、孤独な泉を教師である葉山が救った出会いの高校生時代から、卒業後再会し、ふたりで過ごした日々が折り重なる様子までが収められている。

思い悩む葉山の表情や、涙する泉、まっすぐにお互いを見つめあう2人、ベッドから見えるはだけた葉山の背中…と許されないけれど止められない想いをぶつけ合いながら恋に落ちていく、ふたりの切なくて激しい恋模様が描かれている。

また、泉を健気に想う小野(坂口健太郎)や、大人になった泉の同僚となる宮沢(瀬戸康史)、葉山の妻・美雪(市川実日子)の姿も捉えられている。

◆ネットではさっそく反響 切なさで苦しくなる人続出

やばいいい!!!! ナラタージュの予告見るだけで苦しいだめだ………()

1 2





記憶の中で生きてゆける