1. まとめトップ

Twitter発。まさかの言動に『そうきたか…(汗)』ってなる話

まさかの言動で虚を衝かれる、クセの強いエピソードを紹介します。

更新日: 2017年06月21日

16 お気に入り 89401 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

justastarterさん

◆『3歳息子のお出迎え』

「ただいまー!」と帰ってきたパパに、3歳息子が元気よく「おかえりくださいー!!!」と出迎えてました。

◆『5歳の女の子の戦略』

お皿の上のトマトを指差して。。

昼食中、女の子(5歳)がお皿の上のトマトを指差して「せんせい!このトマト おいしそう!」と言うので、素敵な感覚だなと思いながら「そうだねー!」と言ったら、「たべる?」と聞くので「先生もあるから大丈夫!」と答えると、お友達にも同じことを言い始めて、気づいた。あの子、トマト嫌いだぞ。

◆『ケバブ屋の客引き』

中東系のケバブ屋の客引き、1人でいる時は大して絡んでこないのに、こっちが女の子と一緒だと、「ヘーイ、ブラザー!待ッテタヨー!本当ダヨー!」って抱きついて絡んでくるの、「女の前でカッコ悪い対応できないデショ?」ってナメてる感じで超絶ムカつきますね。いつか斬り捨てる。

◆『吉野家の店員』

吉野家でおっちゃんが「先ほど食事した者ですけどねぇ!こちらに傘を忘れて取りに戻ったら、私の傘ないんですよ!!」と店員のお姉さんに怒鳴ってるのを眺めてたら「傘はありませんが、美味しい牛丼ならございますッ!!」「ま、またぁ?!」とガッツリ営業し始めて、おっちゃん二杯目行っちゃいそう。

◆『彼女からの要望』

彼女「自転車パンクした。直して」 僕「自分で直せ!甘やかさないぞ!」 彼女「じゃあ、私もお前のこと甘やかさない」 僕「お前に甘やかしてもらった記憶なんかないな!」 彼女「ゴキブリ出たら自分で何とかしろよ」 僕「直す!」 彼女「直させてくださいだろうが!」 僕「直させてください!」

◆『鹿児島出身の女の子』

鹿児島出身の女の子が「会社に入って初めての飲み会だから、女の子らしいかわいいものを頼まなきゃ」と思って『芋の水割り』を頼んだ話すき

◆『30代後半のお局的独身女性』

若い頃、職場の飲み会で泥酔してたら、目の前に30後半のお局的な独身女性がいた。何の特徴もない人だったが「私こう見えて…」から始まり「バンドで歌ってるの」「学生時代、女王と呼ばれ奴隷が数名いた」「この職場で付き合ったことがある人は3名」などと衝撃の告白をされ、めっちゃ目が覚めた。

◆『バンギャの友人』

バンギャの友人が「推しも私も日本に住んでるからこれはもはや同棲」とか言い出した

◆『東大生の英語』

ぼく「『私は東大文一に合格しました』と英語で書きなさい」 東大生「I wil have passed……」 ぼく「おいおいwwwどうした東大生www未来完了とか違うだろwwww」 東大生「違わないよ『未来官僚』だからね」 ぼく「ああああ!!!!」(学歴パンチを受けて死ぬ)

◆『大学教授の問いかけ』

先生「日経読んだ人?」 自称意識高い勢(スッ 先生「今日休刊日なんですけどねwwwww」

1 2