1. まとめトップ

黄泉津国大神イザナミ

(左)イザナミ(右)イザナギ

イザナミ(伊弉冉、伊邪那美、伊耶那美、伊弉弥)は、日本神話の女神。伊弉諾神(伊邪那岐命、伊耶那岐命・いざなぎ)の妹[1][2][3]であり妻。別名 黄泉津大神、道敷大神。

天地開闢において神世七代の最後にイザナギとともに生まれた。オノゴロ島におりたち、国産み・神産みにおいてイザナギとの間に日本国土を形づくる多数の子をもうける。その中には淡路島・隠岐島からはじめやがて日本列島を生み、更に山・海など森羅万象の神々を生んだ。

八岐ノ森の贄比女 クシナダ

クシナダヒメは、日本神話に登場する女神。『古事記』では櫛名田比売、『日本書紀』では奇稲田姫と表記する。

ヤマタノオロチ退治の説話で登場する。アシナヅチ・テナヅチの8人の娘の中で最後に残った娘[注 1]。ヤマタノオロチの生贄にされそうになっていたところを、スサノオにより姿を変えられて湯津爪櫛(ゆつつまぐし)[注 2]になる。スサノオはこの櫛を頭に挿してヤマタノオロチと戦い退治する。

天叢雲の皇子 ヤマトタケル

ヤマトタケル(生年不詳 - 景行天皇43年)は、記紀等に伝わる古代日本の皇族(王族)。

『日本書紀』では主に「日本武尊(やまとたけるのみこと)」、『古事記』では主に「倭建命(やまとたけるのみこと)」と表記される。現在では、漢字表記の場合に一般には「日本武尊」の用字が通用される[注 1]。

第12代景行天皇皇子で、第14代仲哀天皇の父にあたる。熊襲征討・東国征討を行ったとされる日本古代史上の伝説的英雄である。

天地開闢の始神 イザナギ

(右)イザナギ(左)イザナミ

イザナギ[1]またはイザナキ[2](伊弉諾/伊邪那岐/伊耶那岐)は、日本神話に登場する男神[3]。『古事記』では伊邪那岐命、『日本書紀』では、伊弉諾神と表記される。イザナミ(伊弉冉、伊邪那美、伊耶那美、伊弉弥)の兄[4][5][6][7]であり夫。

アマテラスやスサノオ等多くの神の父神であり、神武天皇の7代先祖とされる。

天地開闢において神世七代の最後にイザナミとともに生まれた。そして高天原の神々に命ぜられ、海に漂っていた脂のような国土を固めるべく、天の浮き橋から矛で海をかき回し、出来上がったオノコロジマにてイザナミと結婚した。国産み・神産みにおいてイザナミとの間に日本国土を形づくる多数の子を儲ける[3]。その中には淡路島をはじめ大八洲(本州・四国・九州等)の島々、石・木・海(オオワタツミ・大綿津見神)・水・風・山(オオヤマツミ・大山津見神)・野・火など森羅万象の神が含まれる。

月降る夜に永久を夢む女神 ツクヨミ

月読命(ツクヨミ[1]、ツキヨミ[2])は、日本神話の神である。後世では一般に男神と考えられているが、記紀では性別の記述はない。

一般的にツクヨミと言われるが、伊勢神宮・月読神社ではツキヨミと表記される。

記紀(古事記と日本書紀)において、ツクヨミは伊弉諾尊(伊邪那岐命・いざなぎ)によって生み出されたとされる。月を神格化した、夜を統べる神であると考えられているが、異説もある(後述)。天照大神(天照大御神・あまてらす)の弟神にあたり、須佐之男(建速須佐之男命・たけはやすさのお)の兄神にあたる[注釈 1]。

日本神話家系図

1





goryu1221さん

ゲームやアニメ関係を多くまとめています。
お役に立つ情報を追加していきたいと思っていますので、よろしくお願いします!