1. まとめトップ

宇宙でのオナラは超恐ろしいキラーガス!?…知ると得したような雑学です

知っていればちょっとした時の話のネタにあんりそうな雑学です

更新日: 2017年06月20日

9 お気に入り 20782 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jetwskyさん

■『宇宙では屁は恐ろしいガスになる…体にまつわるおはなし』■

宇宙空間では「屁」をする事は人の命を脅かす恐ろしいガスらしいです。音が鳴るのを「おなら」って言うみたいなので、宇宙ではオナラが出来ないですよね?偉い人教えて。

音が鳴るのはオナラで、鳴らないのは屁なんだって。 へぇ〜

世界で最も静かな場所にいると45分で幻覚が見える buff.ly/IFBWNS「無響室の中にいると方向感覚を喪失させるだけでなく、時間が経過していくと視覚的・聴覚的な幻覚を経験することになるのだという」ミュージシャンなんかスタジオで幻聴が聞こえる人多いって聞きます

先程NTT ICCにて渋谷慶一郎×evalaの展示。人生初めての無響室で音楽を聴く。方向感覚を失ったが360度的からの音がとても心地よかった。

みんな耳穴の形は非対称ですぞ(左右でかなり形違うのが一般的らしい)

視力もさることながら聴力も優れ、種によっては左右非対称の耳を持つ事で僅かな音さえも瞬時に捉えた方角を判別出来るのです。 最高レベルの視覚と聴覚を揃え、音もなく飛び一瞬で獲物を捉え去るのが我々の戦い方なのです 余談ですがフクロウは耳の穴を覗くと眼球の裏側を観察出来るのです

■『動物にまつわるおはなし』■

フクロウは耳の穴を覗くと眼球が見えるって聞いて生物の体ってそんなおもちゃみたいな構造なのかと驚いたしフクロウの写真とかを見るたびにそれを思い出すようになった

@447_tonsuke シマウマの泣き声がワンワンらしいとだけは聞いたことある…

うそでしょ・・・あ!ほんとだ!!

■『ことば』■

●ムショは刑務所の略じゃない

ムショという言葉は虫寄場(むしよせば)という江戸時代に言われていた監獄の意を指す言葉の略で刑務所が語源ではないとされる 虫という文字が当てられているのは牢屋が虫籠のようだから 食事の麦と米の割合が6対4のためしばしば六四寄場という風に漢字が当てられることがある #よつぎの豆知識

●江戸の流行語大賞は「日本(ニッポン)」

江戸の流行語大賞は「日本(ニッポン)だ」 安永・天明頃(1772~89)に流行った言葉である 「ステキだ」とか「素晴らしい」といった意味で 通人(つうじん)たちが流行らせ、江戸中に広がった pic.twitter.com/V9iCKQCL6J

●家族のFamily

1 2 3