1. まとめトップ

都市部の一部鉄道の24時間運行で、確かな景気回復に繋げる為の提言。

最近、深夜の色々な営業が縮小される傾向もありますが、経済や雇用を考えた場合、労働問題も大切ですが、まずは沢山の人が沢山働けて、使うお金も貰うお金も動く世の中にしてこそ景気拡大と筆者は考えています。そのために鉄道への提案があります。宜しくどうぞ!!

更新日: 2017年06月20日

yuujiokumuraさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 145 view
お気に入り追加

安倍総理になって、景気が回復したと言われていますが…

皆さん、実感としては如何でしょうか?株価は政権交代後2倍以上の価格になり、円安で輸出企業の業績が回復、大企業は最高利益を更新、決算見込は上方修正、内部留保で資金を溜めこみ…。

と、色々な話が聞こえますよね?

では、我々の暮らしは景気回復したと言えるのでしょうか?

株も無い、輸出しない、自営業者の筆者としては、なんら、実感がありません。あるとすれば給料が変わったとは思えないのですが、「不景気だ」とやたらに言うサラリーマンが減ったと感じられることくらいでしょうか…。

株や円相場とは関係なく、筆者はオリジナルの景気回復策を一つ提案します。

筆者の景気回復策は、この一つです。

JR総武線・京浜東北線の24時間運行化です!

何故それを提言するのかは、これから説明していきます。

JR総武線(千葉~都心~東京都下を東西に走る)黄色い電車。

JR京浜東北線(埼玉~都心~神奈川の南北を走る)青い電車。

黄色い総武線と青い京浜東北線の2路線を終夜運行することを提案します。

その理由として、都心の秋葉原駅でしかクロスしないこの東西・南北2路線を運行することにより、千葉・埼玉・神奈川・東京都下を隅々までとは言いませんが、終電以降のある程度の移動という意味では多くの方々にメリットが出ると思われるからです。

では、どんなメリットを予想しているかを説明します。

電車を動かすことで、タクシーの乗客が増える可能性が…

例えば深夜に都心にいて、郊外の自宅に帰る場合、終電後ですと、高いタクシー代を払いたくないので、躊躇してしまう場合がありますが、途中駅まででも電車で行けるとなると、タクシー代が安くなる可能性があります。

また、電車の動いている駅までタクシーで行くことも考えられます。その、タクシーと電車とのミックスの需要が随分あるのではないかと筆者は考えています。

終電後に動いている電車があることはタクシー業界には良くないこととされていましたが、そんなことは無く、駅で待つタクシーにも深夜・早朝に乗客が付くでしょうし、繁華街から駅、駅から自宅といった電車を介した故の比較的短・中距離の乗客のニーズが著しく増えると思います。

当然終電が気にならなければ、後一杯呑んでいくかも…

折角有意義な議論をしている宴席を、終電のせいで中座するようなことが無くなります。

そして、空のグラスをいつまでも目の前に置いて時間調整のようなみっともない真似をしないで、後一杯注文すればいいのです。それにより、飲食店も深夜まで稼働が出来、売り上げが上がる可能性があります。

〆のラーメンも呑んだ後にゆっくりと…

飲食店から終電を気にして駅まで早歩き、そんな時にラーメンの誘惑。

本当は食べていきたいけど、電車が終わってしまうから…なんてことはありませんか?

そんなことも、「食べながら次の電車を待つか!」になったら良いですよね?

恐らく、そのニーズがあるでしょうから、ラーメン屋さんの深夜稼働率が上がるのではないかとと予測しています。

コンビニも24時間営業で、シナジー効果!

24時間電車が動けば、駅に向かう人が24時間いることになります。当然駅から自宅や目的地に行く人も出てきます。そうなることで、常に人通りがある場所が増えていきます。

コンビニで買い物や時間調整をして電車に乗る人、電車から降りてコンビニで買い物する人、今までのとは深夜帯の使われ方が変わってきます。当然商機が拡大し、稼働が増えると思われます。

従って当然、雇用が増えます。

先ずは、電車の運転手・車掌、駅の職員等の鉄道関係者。タクシーの運転手。コンビニの店員。ラーメン屋の店員。飲食店の店員。それらの仕入れや運送に関係する人々など、様々な職種で雇用の拡大が見込めると思われます。

それにより、失業率の低下、治安の改善、24時間眠らない安全な都市が形成されていくことにも貢献します。

筆者の提言は、まだまだ甘いかもしれませんが、どうか政権関係者の皆様!検討してください!!

もう、株価と円相場はいいですよ!仮にそういうところで儲かったお金があったとしても、筆者のような零細自営業者の店には落とされないですし、ラーメン屋さんにも、居酒屋さんにも落とされずに、何かの投資やら、海外旅行やら、きっと我々実業を毎日やっている人間と関係の無い使われ方をされてしまうものと思われます。

それはそれでいいとするならば、我々実業で日々闘っている人へのメリットも無いと公平ではありません。

そこで、今回は、総武線と京浜東北線の24時間運行化を提案いたします。是非!政権関係者に読んで頂きたいと思って書きました。

最後までお読み頂き有り難う御座います。

1





洋楽バーSTAY UP LATE店主。1971年東京都大森生まれ。尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部卒業。講演業・司会業・執筆業も少々。江戸川区在住、一児の父、愛猫家。

このまとめに参加する