1. まとめトップ

価値観が変わったために、結婚をしない、自動車を買わないというよりは、職の安定がなく、所得が伸びないので、結婚できない、自動車を諦めたというのが、より実態に近い。

すべての経済政策、財政政策、金融政策は、国内での所得移転を生み、中間層の没落を通じて格差を拡大させただけで、経済成長には役立たなかった

日本は世界一の金持ちの嘘

対外純資産の大きさから、日本は世界一の金持ちだと主張する輩がいるが、それは大きな間違いだ。個人を見ても、企業を見ても、国を見ても、世界一の金持ちは米国だ。日本の対外資産が大きいのは、20年以上も国内に運用先がないために、やむなく海外資産を保有しているに過ぎない。米国債や、ウェスティングハウスなどの企業を保有しているゆえの対外資産だ。

安部内閣の支持率が急低下している。理由はあまりに強引な国会運営等諸々だ。格差拡大に是非を問い4年以上が経過した。株価は上昇したが、後の処理は気が遠くなる。本当に良かったのだろうか? 東京の見た目は綺麗になった......。

日本の官僚に飛び抜けて優秀な人がいなくなった理由は、東大の文理学力格差が取り返しのつかないほど拡大したからですよ。昔は文1法学部から官僚ルートに進んでた人は理系の卒業生とそこまで極端な学力差は無かったんですが、今じゃ文1なんて千葉大の理系より下の凡人が行く所になりましたから。

教育現場がダメになった最たる理由。それは教育学部以外の学部でも教員免許が取得出来るからである。教育学部では一通り学習するところを、他の学部では端折って学習する。その為知識量が雲泥の差。ところが現場に出れば対等に業務が与えられる。それでは教育格差が生まれる。当然教育現場が荒廃する。

今夜、共謀罪は成立する。予想を大幅に上回る早さである。こうなった理由は単純、「お前らに反対する権利はない」「これ以上反対するとお前らをテロ等準備の犯罪者とするぞ」「俺らは逮捕しお前らは逮捕されるほうだ」という権力格差を見せつけるためである。

@stores_jp それ以外では2010年の「ザ・ウォーカー」等が思い浮かびます。思うに、2001年の同時多発テロ、理由のないイラク戦争、格差拡大、リーマンショック、失業、トランプが選ばれる基になった人々が感じている不満や閉塞感、昔は良かったが昔年の良さが今後は見えない現代。

1





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?

このまとめに参加する