1. まとめトップ

今度は豊後水道で…「南海トラフ地震」との関係は?

怖いですね…何も起こらなければいいのですが

更新日: 2017年06月21日

1 お気に入り 10870 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

manuronaldさん

■20日夜、大分県で震度5強を観測する地震が発生

20日午後11時27分頃、豊後水道を震源とする強い地震が発生。

気象庁によると、震源の深さは約42キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5.0と推定。

大分県佐伯市で震度5強を観測したほか、熊本県高森町や宮崎県延岡市などで震度4を観測した。

この地震による津波は発生せず、負傷者もいなかった

■地震活動が活発な地域である「豊後水道」

安芸灘~伊予灘~豊後水道にかけては、日本最大の断層である中央構造線が走っている。

同地域を震源とする地震で代表的なものが「豊予海峡地震」

江戸時代後期の1854年12月26日に発生した「豊予海峡地震」は、マグニチュード(M)7.4の大地震。

■近年、より警戒され始めた豊後水道での地震

豊予海峡地震は、この安政南海地震の2日後に発生している。

地震の仕組みが違うため、南海トラフ地震との直接的な関係性はないとされているが…

豊後水道と接する日向灘は南海トラフの西端に位置し、過去の事例から、南海トラフ地震の引き金になると警戒されている。

仮に豊後水道で大きな地震が起きた場合、日向灘沖の地震を誘発する可能性を訴える専門家もいる。

そもそも中央構造線の真上に位置しているため、そちらへの影響も懸念されている

■そんな”危険地帯”での地震…ネット上にも多くの反応が

豊後水道に震源移動か、別府に居ると熊本地震の再来かと思って身構えます。

やっぱり豊後水道と南海トラフは無関係ではなさそうなんだ…(´Д`)怖い;;

豊後水道やばいなそろそろ、、クジラ出るわ最近震源多いし中央構造線こわいな日向灘もそろそろ

昨夜、最大震度5強の豊後水道M5.0が発生しましたが、今日、四国、九州周辺、無感地震もあわせ、活発に動いています。昨日のが、予想されているM7級の前震の可能性も否定できる状況ではないので、引き続きご注意を。 pic.twitter.com/XmlOb32gRK

■21日未明、気象庁は今回の地震について会見

「揺れの強かった地域は、今後1週間は同程度の地震に注意してもらいたい」と呼びかけ。

そのうえで、今回の地震についてこう説明した

「今回の地震は、列島がある大陸側のプレートの下に沈み込むフィリピン海プレートの内部で発生したもの」

1 2