1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

自殺を考えた...あの芸能人が「衝撃の過去」を告白していた

尾野真千子さん、TOKIO城島茂さん、蛭子さんの衝撃の過去とは・・・

更新日: 2017年06月21日

20 お気に入り 176823 view
お気に入り追加

▼最近分かった、あの芸能人が衝撃の過去を告白

■6月24日より主演作が公開される尾野真千子さん

映画『いつまた、君と ~何日(ホーリー)君(ジュン)再来(ザイライ)~』が、間もなく6月24日(土)より全国公開される。

衣食住もままならない戦後の混乱期を生きた一組の夫婦、妻・朋子(尾野)と夫・吾郎(向井)の愛の物語。

・下積みが長く朝ドラ主演後にブレイク

中学生の時に河瀬直美の目に留まり、97年映画「萌の朱雀」の主役に抜擢されて鮮烈なデビューを果たした尾野。

「ほんとここ最近です、幸せな食卓を囲めるのは」と、30歳前くらいまでは経済的に厳しかったことを明かした。

2011年、平成23年度下半期のNHK連続テレビ小説『カーネーション』のヒロインにオーディションを経て起用

・苦しかった...過去に自殺を考えたことを告白した

女優の尾野真千子(35)が、売れていなかった時代に自殺を考えたこともあったと明かした。

オーディションを何本受けても受からず、「私なんかが東京に出てきた意味もない」「死んでやろ」

たぶん死ぬまでそのことを背負って生きなければいけない」と親に迷惑がかかることを考え思いとどまったと明かした。

両親に迷惑がかかる事を考えて思いとどまる

尾野真千子、自殺考えた不遇の時代明かす(日刊スポーツ) 自殺をとどまったのは親の存在と記されているが、それは脳が正常に働いてる証拠。本当の意味で追い詰められていないと思う。追い詰められた人は親の存在とか考える余裕がないんだよ。 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-…

・だから...尾野さんは母からの渡されたものを持ち歩く

尾野は、普段から持ち歩いてるモノとして石を紹介。

母親がキョロキョロしたあとその辺の石をパッと掴んで「頑張っといで」と言いながら尾野に渡したものだという。

田舎に帰った時に『母』から渡された。

意思が強いの『意思』と『石』をかけた」母親なりの思いやりだったと

■写真週刊誌に熱愛を撮られた城島リーダー

「女性セブン」に21歳ハーフグラドル菊池梨沙との熱愛を報じられたTOKIOのリーダー・城島茂。

グラビアイドル・菊池梨沙(21)で、会員制バーでの密会や城島茂の自宅マンションに向かう様子が綴られている。

・この熱愛でV6坂本さんが城島リーダーの過去を告白

「私服大丈夫だったんですか?」V6の坂本昌行(45)は舞台の囲み取材で、記者にこう質問しました。

1 2





何故だろうさん

イケメンと美女を中心に、お役に立つ雑学と疑問に思っている事をまとめています。