1. まとめトップ

食べてみたい☆バブル期に大流行したティラミスが超進化している!

みなさんはティラミスは好きですか?平野ノラさんも人気ですし、バブル期のブームが一周回って帰ってきているのかもしれないですね。

更新日: 2017年06月21日

4 お気に入り 3020 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nayatamoさん

かつて大流行したティラミス

ヴェネチアでティラミスを食す。 そういえば1990年くらいに意味なくいきなりティラミスが流行ったなぁ。 バブル時代に。 ナタデココとか。 何だったんだ、あの時代は。 pic.twitter.com/U0bWnJw0pP

なかばだが、バブルの頃にはティラミス知ったくらいの収穫しか記憶にない。

米国では1970年代終わりから1980年代初めにかけてブームになった。日本でも1990年頃のバブル期に大ブームになり、デニーズを皮切りに、多くのファミリーレストランでメニューに加えられた。バブル期当時は、ティラミスとパスタしか扱わないイタリア料理店も存在したほどである。その後も、一定の人気を保って今日に至っている。

海外から来た新しいスイーツとして大流行しました

そんなティラミスが最近は進化しまくっている!

こちらは「紫芋ティラミス」
チョコっぽさ無し!?

見た目は完全にフルーツゼリーですが、ゼリーの下には北海道産マスカルポーネを重ねたティラミスが隠れています。

本日の旨いモン♡ほうじ茶ティラミス風パンケーキは京都限定♬ pic.twitter.com/HT5aVASuYk

ティラミス風パンケーキはお店によってたくさんのバリエーション

抹茶館抹茶ティラミスマスカルポーネと抹茶の素晴らしい組み合わせお抹茶初昔と共にいただきました良い香り〜ンマ〜 #greentea #matcha #kyoto #抹茶 #抹茶ティラミス #抹茶館 pic.twitter.com/hZKCYBys6p

フルーツ×ティラミス 今、韓国の女の子たちにアツイ人気 《望遠洞ティラミス》 見た目の可愛さはもちろん 味もすごく美味しくて大人気❣️ pic.twitter.com/11O5eViVqg

日本でも再び専門店が生まれる?

ところでティラミスの定義って?

この時間にコストコのティラミスこと「カロリーおばけ」を食すことを許してほしい(ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…) pic.twitter.com/F2ZWhyRZgf

オーソドックスなティラミスはこんなイメージ

イタリアのデザート菓子の一種。コーヒーとリキュールをしみ込ませたスポンジケーキと、イタリア特産のマスカルポーネチーズで作ったやわらかいケーキ。

Tiramisuの語源は、tira=引っ張る、mi=私を、su=上に。解釈はさまざまだが、「私を元気づけて」という意味とする説が一般的。

適度な大きさの型にエスプレッソを染み込ませたビスコッティ・サヴォイアルディ(サヴォイアのフィンガービスケット)を敷き詰め、その上からマルサラワイン・砂糖と共に卵黄を温めながらかき立てたカスタードソース「ザバイオーネ」とマスカルポーネチーズを合わせた「ザバイオーネ・クリーム」を流し入れ、同工程を2 - 3層繰り返し、型を埋め尽くし冷し固める。仕上げは表面にココアパウダーやチョコパウダー、時にエスプレッソの豆を挽いた粉をふりかけて風味付ける。

そもそもの定義を当てはめると大半が外れそう。。。

1