1. まとめトップ

【155ccスクーター】ヤマハ マジェスティS のメリットとデメリット【乗ってみた】

250ccや400ccの車幅が広いビッグスクーターよりずっとコンパクトで、125ccよりも少し大きくて安定性と十分な馬力があり、高速道路も走れるヤマハ マジェスティSについてまとめました。

更新日: 2017年07月03日

boysontherunさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 11861 view
お気に入り追加

マジェスティSとは

250ccでも、125ccでもない、「155cc」

車体はコンパクトながら、高速道路も走ることができる。

155ccのメリット

◎価格が安い

新車価格は諸費用込々でも40万円を超えることはないだろう。
250ccのスクーターが60万円~70万円の価格帯となっていることを考えると
実にお得だといえるだろう。

◎高速道路はもちろん、自動車専用道路をすべて通行できる

◎コンパクトサイズで、駐輪場所に困らない

原付よりひとまわり大きい程度のサイズなので、自転車置き場にだって駐輪できる。

◎車と車の間のすり抜けが楽々

ハンドル幅が70センチほど、全長も2メーターほどなので、
直進のすり抜けはもちろん、ジグザグのすり抜けも実に楽。

155ccのデメリット

×高速道路の入口で、「何ccですか?」とたずねられる

125ccと間違えられることが多い。

現在販売されている150ccクラスのスクーター

ヤマハ マジェスティS

155cc  水冷SOHC4バルブ 15馬力。
125ccスクーターよりも少し大きな車体で、高速安定性を確保。
PCXより後発であるためか、
ほぼすべてがPCXを超えるスペックとなっている。
前後輪ディスクブレーキは街中での急ブレーキの事態にも対応。
130ミリの幅広タイヤは高速道路を走っても安定性抜群。

ホンダ PCX

マジェスティSのライバル的存在として比較される150ccスクーター。

150cc  水冷SOHC2バルブ 14馬力。
ホンダのベストセラースクーター。
150ccクラスの先駆けとして販売台数はナンバーワン。
2014年のモデルチェンジで価格が高くなったが、
8リットルのタンク、スマホの充電やポータブルナビ、
ドライブレコーダー等を接続できるUSBポート等充実した装備。
また、燃費のよさは他車の追随を許さない。

ヤマハ TRICITY155

水冷SOHC4バルブ 15馬力。
フロントが二輪、リアが一輪の3輪バイク。
雨の日もスリップして転倒しにくい。
新車価格は40万円以上と少し高め。

1 2 3





boysontherunさん