1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

どうしてこうなった…春ドラマも低視聴率だったフジテレビが大変そう

ドラマの低視聴率が続くフジテレビ…頑張って欲しいですね。

更新日: 2017年06月22日

stoneflowerさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
6 お気に入り 85089 view
お気に入り追加

▼最終回を続々と迎えている4月の民放各局のドラマ。

4月期は、今年も名作小説・漫画等の原作ものや人気脚本家によるオリジナル、ヒットシリーズの続編など、話題作が揃い踏み。

▼そんな中…低視聴率を連発したのが…フジテレビ。

□4月期のフジのドラマを見て行くと…。

▼視聴率2ケタは初回だけ…月9ドラマ「貴族探偵」。

1987年4月からドラマ枠になった同局の看板枠「月9」の30周年を飾る作品。原作は、2011年に「隻眼の少女」で日本推理作家協会賞に輝くなど推理小説の常識を覆す作品を世に送り続けている俊才・麻耶雄嵩(まや・ゆたか)氏の「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」

初回は平均視聴率が11.8%だったのだが、第2話は8.3%、
第3話は9.1%、第4話は8.9%とひと桁台に落ちこんでいる。

貴族探偵今までのドラマで一番つまらない説ある。

貴族探偵…こんなにつまらないドラマ今までにあったか… ミステリーというわり伏線という伏線もたいしたもの無いし、どこかで見た事あるような推理ネタだし、誰一人として演技がはまってない。これは役者の力量ももちろんだけど、演出が怖ろしく下手ということにつきるな。

貴族探偵見てたら、娘がつまらないと言ってすぐチャンネル変えてしまった やっぱつまらないのか

▼第4話以降は視聴率が1ケタの「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」

直木賞作家・金城一紀が原案・脚本を手がけた同ドラマは、小栗旬演じる稲見朗や西島秀俊演じる田丸三郎をはじめとする公安機動捜査隊特捜班の活躍を描いたアクションエンターテインメント。

CRISISなんかアレやな 普通の刑事ドラマと変わらんやん 期待ハズレ

CRISIS公安機動捜査隊特捜班のラストがイマイチだなぁ!

CRISISの終わり方、BODERと似たような感じだね…え?終わり?って…まあハッピーエンドはありえないけど…

▼視聴率が2ケタに届かない「人は見た目が100パーセント」。

1 2





stoneflowerさん