1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

トランプ政権が北朝鮮に圧力強化…若者の死がどこまで事態を動かす

北朝鮮から解放され、帰国したばかりの大学生が死亡した案件が様々な余波を広げています。今後のアメリカ、中国、北朝鮮の展開が気になります。

更新日: 2017年06月22日

17 お気に入り 174246 view
お気に入り追加

北朝鮮で拘束された米国人のワームビア氏の死に余波が広がっている

北朝鮮から解放された米国の男子大学生が死亡したことについて「米国の対北朝鮮政策が試される」とする社説を掲載した。

「まだ死因についての医学的な結論は出されていないが、米国内は明らかに感情的になっている」と伝えた。

米政府及び国際社会の見解は、北朝鮮の非人道的行為に責任があるという認識で一致している。

「米国は北朝鮮の残虐な体制を再び非難する。なぜなら我々はその一番新たな犠牲者を悼んでいるからだ」と発表した。

トランプ大統領が「侮辱的だ」と強い怒りを示したのは「北朝鮮に対する米国民の見方を代表している」と指摘

北朝鮮から昏睡(こんすい)状態で解放された米国人大学生ワームビア氏が死亡した問題が影響

米国防長官マティス氏も解放後に死亡した米学生に言及

「若者が帰国直後に亡くなった。米国民は人をもてあそぶ体制に怒っている」と非難

この状態を理解することができない。アメリカ国民は、挑発に挑発を重ね、ルールから外れ、人をもてあそぶ体制に憤りを感じている

「我々は米国や同盟国を守るために必要な措置を講じ続ける」と強調した。

そうした中、対北朝鮮に圧力を増す動きが

・アメリカは「北朝鮮への中国の対応不十分」圧力強化要請

ティラーソン米国務長官は終了後の記者会見で、「中国はより強い経済的、外交的圧力を北朝鮮にかける責任を負っている」と強調

北朝鮮問題での中国の対応について結果が見えていないと不満を表明したばかりで、米国の北朝鮮政策について不透明感が高まっていた。

「トランプ氏は今年後半に中国を訪問するのを楽しみにしている」と述べた。

そうした中、各国の動きも気になります。

北朝鮮の核兵器開発を認めない韓国の方針をあらためて確認し、同問題への対応で米国と連携すると表明した。

ムニューシン氏は、北朝鮮のミサイル・核開発に対する制裁で連携すると述べた。

ムニューシン米財務長官

記者会見を開かなかった。中国外務省によると、楊氏らは対話を通じた核問題解決を米側に重ねて訴えた。

中国側は、朝鮮半島問題は話し合いで解決するという従来の立場を改めて示したという。

・問題視されている北朝鮮は…核実験場に新たな動き

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。