1. まとめトップ

【HUNTER×HUNTER】暗黒大陸編!主要人物一覧!ハンターハンター

随時更新 383 王子 クラピカ、 幻影旅団 ヒソカ、ジン パリストン、ネタバレ注意 新刊発売、新連載の情報を交え今後の主要人物を紹介 ネタバレ・考察・おさらい ハンターハンター

更新日: 2019年09月11日

7 お気に入り 1516861 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

三月yayさん

HUNTER×HUNTER 連載再開!

現在、HUNTER×HUNTERの世界では3つのストーリーが同時進行中!

⑴暗黒大陸渡航
⑵王位継承戦
⑶ヒソカ対クロロ(旅団狩り)

⑴暗黒大陸渡航

暗黒大陸とは これまでに暮らしていた世界の外側にある世界。
その大陸は「新世界紀行」という著書で書かれている幻の大陸
お忍びでネテロ、リンネ、ジグも渡航している
ネテロはのちに暗黒大陸について「儂等でさえ扉を開けただけで敷居もまたがずに踵を返したお化け屋敷」と語っている。

ビヨンド=ネテロ

旧ハンター協会会長ネテロの息子。
念能力不明。

条約で禁止されている暗黒時大陸上陸を目指しナスビ=ホイコーロ、パリストン等と渡航を企てる。
ネテロは生前、自分が死ぬまで暗黒大陸に行くことをビヨンドに禁じており
キメラアント編の時には既にパルストン、カキン王国(ナスビ=ホイコーロ)と組んで渡航準備を進めていたと思われる。
ネテロの遺言ではビヨンドをハントする旨を十二支んに残していた。

現在、ビヨンド自ら十二支んに捕まり
十二支んと共にB・Wに乗船。暗黒大陸の手前の島、新大陸に向かっている。

ジン・フリークス

二ツ星(ダブル)ハンターの称号を持つ遺跡ハンター
十二支んの元メンバー「亥」
主人公「ゴン=フリークス」の父である。

「新大陸紀行」の著者「ドン=フリークス」も同血筋と思われる。
一度受けた能力をコピーする能力を持っているが
詳細は未だ不明。

現在、パリストンと合流し
ビヨンド率いる暗黒大陸渡航船に乗船
船内ではナンバー2の地位についている。

パリストン= ヒル

元ハンター協会副会長でトリプル(三ツ星)ハンター。
十二支んの元メンバー「子」
念能力は未だ不明

ジンが現るまで暗黒大陸渡航船ではナンバー2の地位についていた。
ジンと同様に暗黒大陸渡航船に乗船している。(ビヨンドとは別船)

パリストンといえばHUNTER×HUNTER 0巻に登場する
謎のハンター「シーラ」と関係があるのでは?と話題になっている。
0巻ではクラピカの少年期、クルタ族虐殺まで描かれているが
「シーラ」がクルタ族虐殺に何らかで関係しているような不自然な行動が目立つ。

「シーラ」はネズミの耳らしきモノを頭につけていたり、パリストンと顔が似ているなど言われているが
パリストンとの関係については、あくまで見た目での判断でしかない。
微妙な説だが「シーラ」が伏線だとしたらクラピカ以外で
「シーラ」を知る人物、もしくは本人が伏線回収に必要になってくるだろう。

⑵王位継承戦

カキン王国の次期国王となるものを決めるためB・W内で開かれている王位継承戦。
最後に生き残った最後の1人を次期国王とするルールの下、
念獣、寄生型の念など今までのストーリーに出てきていない念が話の主体となっている。

クラピカ

第287期ハンター試験合格者。具現化系能力者であり
緋の目発動時のみ特質系能力者となる。
ノストラードファミリー若頭。
十二支んメンバー「子」

緋の目を持つ民族・クルタ族の生き残りで
奪われた緋の目の奪還と、幻影旅団への復讐のために生きている。

1 2 3