1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

なぜ今まで無かったのか!これから欲しい最新の傘

そろそろ梅雨の時期。新しい傘がほしいなと思い調べてみたところ、今の傘がすごい進化を遂げていることを知りまとめてみました。どの傘を買うか悩んでます…。

更新日: 2017年06月23日

110 お気に入り 158238 view
お気に入り追加

・そろそろ雨の時期

せっかくだから新しい傘を使いたくないですか?

・なぜ今までなかったのか!

逆さに開く傘

①畳むと、雨に濡れた面が内側になるから、手が濡れない。
②狭いところで開閉できるから、車の乗り降りの時に濡れない。
③自立するので、ハンズフリー。干すときも場所を取らない。

使わないときに立ってくれる、閉じたときに濡れない。
傘を使うときのちょっとしたイライラが解消される商品です!

いろんな柄もあります。
自立式で立っている姿は小さなドレスのようで可愛いですね。

強風が吹いても逆らうことなく、裏返るので、無理に力がかからず傘が折れにくい構造。

裏返った状態が閉じた状態なので、強風で裏返っても問題なし!
この傘に欠点はあるのでしょうか…?

・形が丸くない!

濡れにくい傘

「傘を差して歩くとき、実際に体が入っているのは、傘の後ろ半分だけ。それならば、傘に入る背中側部分だけを大きく、他の部分は小さくしたほうが効率的なのでは、と考えたんです」

誰でお手軽に使えるビニール傘で背中やお尻が濡れにくい形状を実現しました。

濡れたくなければ大きい傘を!ですが、大きい傘は邪魔になります。
これは後ろが長いだけなので、すれ違ったりするのにも問題なしです。

ビニール傘なのでお値段も安く、今は品薄のようです。

・ ビニールじゃない!

プラスチック傘

ネーミングは、人にも環境にも優しく、雨の日が楽しくなるようにという想いを込めた「+」と、「プラスチック」を組み合わせた。

お値段は3千円ほどと普通のビニール傘よりは値が張りますが、環境にやさしいこちらの傘を使ってみるのもいいのでは。

バリエーションもあるようです。

1 2





blueblueluckyさん

好きなこと(動物、映画、その他エンタメ)、気になるニュース(地方・マイナー含む)を中心にまとめます。
まじめにゆっくり更新していきます。

このまとめに参加する