1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Marutacoさん

「頭が良くなる」などとうたわれている、いわゆる「スマートドラッグ」について、厚生労働省が、個人輸入を原則禁止する方針であることがわかった。

厚生労働省は、「医師の指導がないと、乱用や健康被害につながる」とし、今後、スマートドラッグの種類をリスト化したうえで、医師の処方箋がない場合は、原則、個人輸入を認めない方針で、22日の有識者会議で議論することにしている。

スマートドラッグって何?

「集中力や記憶力を向上させる働きがあるとされるもので、欧米の学生の間で流行したものが、日本にも入ってきたのです。海外ではドラッグストアなどで市販されていて、簡単に入手できる。しかし、日本では未承認。個人輸入で使うケースがほとんどですが、まれに心療内科などで処方されることもあります」

彼らの間で最も流行している薬が「ピラセタム」。元来てんかんや認知症の患者に処方されるものだが、脳の血流を改善し、思考力や記憶力にかかわるアセチルコリンを増大させる効能が注目され、「最強のスマートドラッグ」と呼ばれている。

恐ろしい副作用

西崎院長の元には、最近、スマートドラッグの依存症になった中高生が相談に来ることが増えたという。

でも、薬には副作用があるものです。イライラしたり吐き気がしたり、覚せい剤と同じ症状が出るものさえある。そもそも本来は別の病気の薬なのです。健常な人間が服用して、リスクがないわけがありません

「医師の処方で正しく使用するならいいのですが、自己判断で複数の薬を飲み合わせしたり、多量に服用したりすると、それぞれの相互作用や副作用などで、どんな影響が出るか分かりません。ネット購入だと、偽物や粗悪品が送られてくる恐れもあります」

依存性も

まきメンタルクリニック・西崎真紀院長は、「一番困るのは依存性。依存がすごく強い薬を飲まれた場合は、やめるのにすごく苦労する」と語った。

金額・入手経路は

国内では医師の処方箋が必要な薬でも、今はネット経由で海外から簡単に買える。

「スマートドラッグという言葉で検索すれば販売先がいくらでも出てくるし、クリックひとつで買えます。1箱30錠から50錠で3000円程度。ものによっては5000円を超える薬もありますが、どれも一般世帯で容易に手に入る値段です」(前出・医療問題に詳しいジャーナリスト)

支持派は・・・

「気が散るのを抑え、集中した状態を維持できる」と語るトーマス氏は、今年の1月からスマートドラッグを飲みはじめ、現在は週に2回服用している。「栄養価の高いエスプレッソのようなものだ」。

支持派は、スマートドラッグは安全で、映画『リミットレス(Limitless)』でブラッドリー・クーパーが演じた主人公のように、薬を飲んで脳の潜在能力すべてを活性化させるような効果があると主張する。

飲んだことがある人の反応

スマドラ飲んでたけど、睡眠時間増えたからやめたわ

懐かしい。受験期には飲んでたな 中高生の間で頭がよくなる薬「スマートドラッグ」が大流行 : VIPPER速報 vippers.jp/archives/88744…

アメリカの大学生がよくキメてるスマドラを輸入代行してもらって飲んでたとき、飲んでた当初は効果が実感できなかったけど、今思えば異常なスピードで生きていたし、再開すべきなのかな。寿命を削ってる感がすごくあるけど。トロカチンEXくらい。

マジかースマートドラッグ輸入規制かー(いつも飲んでるサプリがスマートドラッグだと今知った)

スマドラ効かないなって思って、飲み方変更 結果怖いくらい効く なかなか覚えられなかった英文が何もしてないのに一回見ただけでするりw よい。よい。いい買い物した(´ω`*)

1