1. まとめトップ

今時⁉︎一家に一台欲しい【最新ラジオ】8選

①テレビが聞けるラジオ ②テレビが聞けて予約録音できるラジオ ③ワンセグが見られるラジオ④クロックラジオ⑤ポケットラジオ ⑥手回し充電ラジオ⑦シンプル設計の日本製ラジオ⑧シャワーラジオ

更新日: 2018年03月29日

0 お気に入り 8907 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

JPXOさん

①テレビが聞けるラジオ XDR-56TV

今回発売されるXDR-56TVはコンパクトながら3バンド対応、しかもハンドル付き。電池の持ちだけでなく操作性にも磨きがかかり普段使いしやすくなっています。

このXDR-56TVは2018年2月10日土曜日発売予定。価格はソニーストア価格で税抜き15880円です。

ラジオで地デジテレビ音声も聴きたい方には候補の一つとなります。


よしお個人的にXDR-56TVは感度の心配を差し引いても使いやすく小型で洗練されたデザインなので、(ソニーの回し者ではありませんが)思わず入手したくなりますね。

②テレビが聞けて予約録音できるラジオ ICZ-R250TV

インターネット接続不要のため通信料は一切不要。ラジオやワンセグTV放送が入れば携帯電話不感地帯であっても電気代だけで使えます。市販の乾電池も使え、持ち運んでの使用も可能です。

悪い意見に惑わされずに購入して間違いなかったと思えた製品でした。
マニア向けっぽくないラジオでおしゃれでデザインもいいので、女子が手元においても恥ずかしくないと思います。
2万円台出して買う価値ありのラジオです。

③ワンセグが見られるラジオ TV02WH

2.7型のカラー液晶とスピーカー/イヤフォンでワンセグを視聴できるほか、ワンセグの音声のみや、FM/AMラジオを聴くこともできる製品。選局はオートで行なえる。また、災害時に持ち出してライトとしても使える。

 ACアダプタ/USBからの給電や、内蔵のリチウムイオン充電池、別売の単4電池4本で動作するほか、手回し充電にも対応。連続使用時間はアルカリ電池使用時がワンセグ約4時間(映像/音声)、ワンセグ音声のみで約7~8時間、FM/AM約32時間。内蔵充電池利用時はワンセグ約6~7時間、ワンセグ音声のみで約11-12時間、FM/AM約47時間。

【4WAY充電対応!】
1.手回し充電 2.乾電池 3.AC(コンセント)充電 4.USB充電
【スマートフォンへの充電機能搭載!】
【TV省エネモード】TV画面オフ、音声だけ視聴可能

ディスプレイ:2.7インチTFTカラー液晶
スピーカー:直径約3.5cm 丸型

④クロックラジオ ICF-C1

デジタル時計付きクロックラジオ
FM/AMラジオを楽しめる
操作が簡単なアナログチューニング
ワイドFM(FM補完放送)に対応
表示窓の明るさ調節が可能
朝、ラジオで起きられるめざましタイマー
ラジオを聴きながら眠れるおやすみタイマー
家庭用電源のみで使用可能

FMのチューニングは108MHzまで受信ができます。AM放送で受信がしにくい場合もFMで受信することができるモデルになります。

ICF-C1は電源必須ということで、外で使うことはできないので災害対策用ラジオとしては向いていません。

⑤低価格ポケットラジオ TY-SPR3

『ワイドFM』放送※も受信できるFMワイドバンド対応。
シンプルボディーに必要な機能を搭載。
操作ボタンをまとめて使いやすく。
防災用グッズとしても軽くて便利。
オートスキャン/プリセット選局。
時計、めざまし機能付。

東芝アルカリ乾電池(単4形×2本)使用時
イヤホン使用時/AM受信:約85時間、FM受信:約70時間
内蔵スピーカー使用時/AM受信:約50時間、FM受信:約35時間

受信感度。AMはアンテナの指向性が強いのか、ラジオの向きによってグッと受信感度が下がる。体の向きにつれてラジオの向きも変わりやすいポケットラジオとしては、少し大きな欠点かも知れない

1 2