1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

フレンチカントリー家具で作るオシャレなお部屋コーデ術

フレンチカントリー家具というとものすごく高額なイメージがありますが、それはアンティークの場合のお話。新品のフレンチカントリー家具なら、憧れの部屋が意外と手軽に手に入るんですよ?

更新日: 2017年06月24日

j_kanagushiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
94 お気に入り 49184 view
お気に入り追加

◎フレンチカントリー家具とは

フレンチカントリー家具というのは、白が基調のヨーロッパ風のオシャレな家具のこと。特に女の子なら一度はこんな部屋に住みたいと憧れたことがあるはずです。

◎フレンチカントリー家具の4大特徴

フレンチカントリー家具のデザインの特徴について見てゆきましょう。

・白の基調色

フレンチカントリー家具の基調色はなんといっても「白」!

部屋全体が明るくなります。

そしてこの白に薄い木目調の木の材質なんかが入ってくると非常に柔らかい印象を与えるんですね。

・額縁のような扉枠

フレンチカントリー家具の扉でよく使われるのが額縁のようなデザイン。

このデザインが家具のゴージャスさを演出します。

・鉄製・陶器製の取っ手

フレンチカントリー家具では、鉄製、または、陶器製の取っ手が使われることが多いです。

そして、ここが家具にレトロな印象が出る重要な要素となっています。

・バイカラー

バイカラーというのは「2色使い」という意味、同系色や白とコントラストのきつめな色を組み合わせたデザインです。

このシンプルな色使いがとってもオシャレな印象を与えます。

このようにフレンチカントリー家具には、4つの特徴的な要素があり、これらの要素が相まって、フレンチカントリーならではの開放的な空間を演出するわけですね。

◎フレンチカントリーを使ったお部屋コーディネート術

フレンチカントリー家具も無計画にひとつだけ置いても浮いてしまうだけですよね。ここでは部屋のエリアに分けたフレンチカントリーコーディネートを伝授します。

フレンチカントリーなキッチン、憧れますよね。

フレンチカントリーの白の基調色が、食材の色を綺麗に引き立ててくれるので料理が楽しくなります。

キッチン周りは備え付けの収納が多いため、すべてをフレンチカントリー調に統一しようとするとそれなりに費用はかかります。

でも、ヨーロッパの家庭の食卓を思わせるデザインはやっぱり魅力的ですよね。

ダイニングは比較的手軽にフレンチカントリーを楽しめるエリアのひとつです。

ダイニングテーブルと椅子、照明や壁紙を揃えるだけでもしっかりフレンチカントリーの雰囲気を楽しめます。

料理を撮影するときにもインスタ映えする写真が撮れること間違いなしです。

リビングは理想を言えばダイニングと合わせてフレンチカントリーにしたいところです。

しかし、どうしてもリビングだけをフレンチカントリーにしたい場合には、ダイニングとリビングの境界にちょっとした間仕切り的な家具を配置するだけでも空間を分けることができます。

これであればリビングだけフレンチカントリーにしても違和感はないですね。

フレンチカントリーの寝室はまるでお姫様の部屋のよう。

女性にはたまらないですよね。

寝室は独立性が高いためフレンチカントリー調に統一するにはもってこいです。

部屋を丸ごと全部フレンチカントリーにするとさすがにお金がかかってしまうので、まずはエリアを決めてフレンチカントリーにコーディネートすることをオススメします。

◎新品フレンチカントリー家具が買えるお店

フレンチカントリー家具で調べるとよくアンティークのお店が出てきてしまいますが、アンティークの場合、どうしても高額になってしまう傾向があるためなかなか手が出ません。

しかし、何もアンティークを購入しなければフレンチカントリーを楽しめないというわけではありませんので、ここは勘違いしないで頂きたいと思います。

国内でも新品のフレンチカントリー家具の販売を行っている専門店はいくつかありますので、参考にいくつか紹介しておきます。

◎まとめ

1 2





j_kanagushiさん