1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

支払いも受け取りもドキドキ!?空飛ぶだんごが楽しい♪

岩手の厳美渓で有名な「空飛ぶだんご」。購入方法が楽しく、美しい景色を眺めながらおいしいお団子を食べることができると人気となっています。郭公屋の郭公だんごについてまとめてみました。

更新日: 2017年06月24日

68 お気に入り 24824 view
お気に入り追加

岩手で有名な「厳美渓」

栗駒山に源を発し、一関市内へと流れる磐井川の浸食によって形成された厳美渓。奇岩、怪岩、深淵、甌穴に滝と、訪れる人々を魅了するダイナミックな景 観が約2キロメートルにわたって続きます。

ここにあるのが名物の「空飛ぶ団子」

どうやらこちらには美しい景観だけでなく、「空飛ぶ団子」なる名物があるとのこと。

その名のとおり、空を飛び、谷を越え、僕らの手元へやってきた、かっこうだんご君がやってきた、という忍者ハットリくんも真っ青のサービスが受けられるのだ。

空飛ぶ団子として有名な「郭公だんご」

「こしあん」「ごまあん」「みたらし」
だんごは一串に5個もついてます
へ〜っ、こんな形なんだね〜!
真ん丸ボール型ではなく2面が平らな太鼓型、その平らな面に餡を塗ってある感じです

購入方法が面白い

厳美渓をロープによって横断する独特の団子販売方法である。

お団子が飛んでくるときはかなりのスピードがあり、結構迫力があります。

こちらが到着しただんごとお茶。
かなりのスピードでカゴが滑り落ちてきますが、お茶は全くこぼれていません。
これは長年の経験によるものだそうです。

だんごの味も美味しい!

肝心のおだんご・・・甘みを抑えて実に食べやすい♪
餅自体がしっとり感あって、渓谷の景色も含めて格別かもしれませんね~。

お〜柔らかくて美味し〜い♫
このモチっとした食感は…そう、多分本物の餅だと思います
一関は餅の街と言われるほど餅のが有名だからね♪

店内でも食べることができます

店内で食べる方がすいています。
直接購入してテイクアウトもできます。

結構な列になっていましたので、私は直接店舗に行って食べることに。
店内はほぼ空席。レジのところで注文して好きな席に座って、お茶も水もセルフサービス。

あれこれご案内頂いた上に、ウチの息子君が桶の往復操作を体験、更には記念撮影、写真プレゼントまでして頂きました。

店内で食べる場合、子供が桶の操作体験をすることができるようです。
私が行ったときも、子供が体験していました。(結構大変みたいで時間がかかっていました。)

でもせっかくなら空飛ぶだんご体験の方が絶対楽しい!

1 2





luckyhappytamaさん