1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ジバニャンが怖すぎる!劇場版『妖怪ウォッチ 』特報&予告解禁

爆発的なブームは去ったものの、毎年映画がヒットするなど根強い人気の「妖怪ウォッチ」。劇場版第4弾「妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」公開が発表され、ジバニャンのビジュアル激変ぶりがネットをざわつかせていた。そして特報&予告が解禁。コメディー要素ゼロの映像にはさまざまな声。

更新日: 2017年07月11日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 51295 view
お気に入り追加

◆根強い人気の『妖怪ウォッチ 』

[あらすじ]

「妖怪ウォッチ」をウィスパーから渡されたケータは、街のいたるところで妖怪が見えるようになってしまい、日常に存在する妖怪不祥事をともだち妖怪と解決していく!
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/youkai-watch/sp/chara/

ゲーム、アニメ、漫画、玩具…と幅広く展開され、瞬く間に日本中の子どもたちに愛される作品となった「妖怪ウォッチ」。

◆劇場版第4弾の公開が発表されていた

物語は30年後の世界!?映画妖怪ウォッチ第4弾『シャドウサイド 鬼王の復活』新キャラ紹介! Yo-kai Watch youtu.be/SXHkS3ytB9A pic.twitter.com/LTHNXRLjCO

第4弾にして新たな展開を迎える最新作が『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』に決定。12月16日(土)より公開されることになった。

◆妖怪たちは2モード設定で、新たな世界観に挑戦

妖怪たちのキャラクターデザインも大幅変更。妖怪はライトサイドとシャドウサイドの2つのモードがあり、シャドウサイドになると“ホラー要素”が加わった強面なビジュアルに変化する。

これまでとは一味違ったシリアスでちょっと怖いホラー要素に、いままでの楽しさも盛り込まれた新しい世界観となる様子だ。

「今回の映画では妖怪ウォッチの新しい可能性にチャンレンジしています。妖怪ウォッチというテーマを使って、大人も子供も好きになれる『まったく新しいホラーコメディ』をつくりあげました」

日野晃博(製作総指揮・原案・脚本)のコメント

◆発表されたビジュアルは驚きをもって迎えられた

シリーズ第4作となる『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』(12月16日公開)のポスタービジュアルが発表され、ジバニャンの驚きの変化にネットは騒然。

“わけわからん”“なんでこうなった”とやはりキュートなあの姿が名残惜しいという人が多数。だが、“これはこれで楽しそう”“でも、元に戻るんだよね?”と毎回、いろんな仕掛けがある作品だけに、裏読みする人も。

◆ストーリーも結構シリアス

ボスキャラ公開!?映画妖怪ウォッチ第4弾『シャドウサイド 鬼王の復活』予告編を分析 Yo-kai Watch youtu.be/ttF8eBT4XUc pic.twitter.com/T3X9SIn6n5

第4弾となる今作は、“ケータの時代”から30年が経ち、妖怪ウォッチが時空の彼方に葬り去られた世界を舞台に、妖怪と人間の新たな物語の幕が上がる。

穏やかな日常は終わりを告げ、迫りくる彗星とともに運命の日が始まる。恐るべき妖怪ウイルス“鬼まろ”が、人の悪意に感染して無限に増殖していく…。

人類滅亡の危機を救えるのは、妖怪ウォッチに選ばれし者。新たな妖怪ウォッチを手にし、人間と妖怪の絆を取り戻せるのか!?

◆そんな中、特報&予告映像が解禁

『妖怪ウォッチ』の映画第4弾『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』(12月16日公開)の予告&特報が23日、解禁された。

予告編では、「かつて、妖怪を操る不思議な腕輪を持った少年がいた…」というナレーションからスタート。

1 2





記憶の中で生きてゆける