1. まとめトップ

日本より深刻「七放世代」韓国の若者たちが諦めざるを得なくなった“将来”

「七放世代」とは「恋愛」「結婚」「出産」「人間関係」「マイホーム」「夢」「就職」の7つを放棄した「七放世代」今の韓国の若者を表す時によく使われる言葉。格差社会の歪みが韓国若者世代の心や生活を蝕む現状を調べてみました。

更新日: 2017年07月25日

1 お気に入り 7724 view
お気に入り追加

❖親の経済力が子の将来を左右するという「スプーン階級」論

韓国には裕福な家庭の子どもを「金のスプーン」、貧困家庭の子どもを「土のスプーン」と呼ぶ「スプーン階級」なるものがある。

「月収100万ウォン(約9万5000円)以下の家庭で暮らす子どものうち、上位10位の大学に入学できるのはわずか1.6%だけ」

「9988」は、企業の99%は中小で雇用者の88%が中小で働くという意味。

つまり、1%の大企業が韓国の経済を回しているということになる。「7放世代」は恋愛・結婚・出産・夢・人間関係・マイホーム・就職の7つを諦めた成年世代を指す言葉

❖ 国自体も大混乱している

昔の「両班」が「財閥」に変わっただけ。
朝鮮半島の政治は日本統治前に逆戻りしている。

任期を満了出来ずにその座を追われる

・新しい大統領が動き出したが取り敢えずのパフォーマンスはイメージ優先で

韓国の文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-In)大統領は24日、2018年に開催される平昌冬季五輪への北朝鮮選手団の参加を呼びかけ、スポーツは平和の架け橋になり得ると話した。

出典AFP=時事

女子アイスホッケーの南北単一チームも推進されている。

都鍾煥長官は「平和五輪を行うための核心は北朝鮮の参加の有無」とし「女子アイスホッケー南北単一チームを作るために、IOCと協議する計画」と話した。

文大統領の発言を受け、韓国のネットユーザーからは4000を超えるコメントが集まっているが、そのほとんどが発言内容を批判

「いよいよ従北活動開始か」「文在寅弾劾集会はいつやる?」など、
文大統領の対北朝鮮融和の姿勢に厳しい声が並んだ。

南北統一チームもいいけど人心はどうなのよ民意とやらは?韓国国民の意見はどうなのよ?北朝鮮国民の意見はどうなのよ?これを機に軍事演習や対立を止めて祖国統一に両国の国民が人心を一にして纏って推進をしていくと言う志を抱いているのかね?祖国統一和平の志を国民が纏って遂げてくれるかね?

北朝鮮国際オリンピック(五輪)委員会(IOC)の張雄(チャン・ウン)委員が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の平昌(ピョンチャン)冬季五輪の南北単一チーム構成の提案に否定的な意向を示した

出典中央日報

・諸問題が山積み

韓国ロッテ「限界近い」 中国のTHAAD報復で損失膨らむ : 【ソウル聯合ニュース】韓国のロッテが米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の配備用地として南部・星州のゴルフ場を提供し... japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/…

・現在の経済構造は?

韓国国内の主要企業どころか、主要金融機関まで、内情は外資という構造。
これだと、いくら企業が稼いでも、せいぜいが経営者が潤うだけで、
本来国内に循環するはずの企業利益は、ほとんど外国資本に持っていかれるのです。
民主的な資本主義国家のていがないのです、いくら企業が稼いでも、国は貧乏なまま。

9.8%という高い若者の失業率がある

「いい大学に入れなければ、財閥に入れないし、財閥に入れなければこの7つを全て諦めなければいけない」と思っている若者が非常に多いのが韓国だ。

1 2





まとめようさん

皆さんのお役に立つまとめが出来る様に頑張ります!

※まとめによっては随時更新致します。

このまとめに参加する