1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

市川海老蔵、麻央さんおくる‥執り行った「みたまうつしの儀」とは?

乳がんと闘いながら22日に亡くなったフリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)の夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが25日にブログを更新、「みたまうつしの儀」を執り行ったと報告しました。

更新日: 2017年06月28日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
50 お気に入り 608627 view
お気に入り追加

●日本中が悲しみに包まれた小林麻央さんの旅立ち

【訃報】小林麻央さん死去 34歳 news.livedoor.com/article/detail… 14年に乳がんの告知を受けて闘病中だったが、21日に容態が急変し、22日夜に都内の自宅で死去した。夫の市川海老蔵はきょう午後、会見を行うとしている。 pic.twitter.com/57zbYqTkDk

歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻でフリーアナウンサーの小林麻央(こばやし・まお)さんが22日夜、都内の自宅で死去した。

34歳。東京都出身。人気キャスターから梨園の妻へ転身し、成田屋を支えていた14年10月、乳がんの告知を受けて闘病中だった。

●翌日、夫で歌舞伎俳優・市川海老蔵さんが涙の会見

23日、渋谷・シアターコクーンで歌舞伎俳優の市川海老蔵が会見を開き、がんのため闘病中だった妻・小林麻央さんが昨夜亡くなったことを報告。

冒頭、「このたび、わざわざご報告するようなことでは無いかも知れませんけど、今朝、、ご報告する義務があるかと」と切り出し、

・麻央さん最期の言葉は「愛してる」だったという

最期の様子について海老蔵は「これは本当に不思議なんですけど、最後に『愛してる』と言って、本当にそのまま旅だちました」と言い

「『愛してる』の『る』は聴こえなかったかもしれないんですけど、『愛してる』と言って旅立ったのが、愛されていたのはわかっていたんですけども、

「私のどんな部分も愛してくれていたんだ。存在…。できれば、ずっと一緒にいて、私の方が先に逝って…」と続けた。

・「役者として成長していく過程を見守ってほしかった」と無念の思いも語った

麻央さん最期の言葉「愛してる」 海老蔵さん、記者会見で「泣いちゃいますよね」 - j-cast.com/2017/06/233014… pic.twitter.com/qRzbYxi5ge

「総合的に教わったこと、これからも教わり続けるのは愛なんだと思います」「僕を変えた奥さん」など、

「ずっと一緒にいて、私が役者として成長していく過程を見守ってほしかった」と、無念の思いを語った。

何度も言葉に詰まりながら麻央さんについて語り、最後は、「昨日先に旅立ちましたが、ずっと麻央は皆さまのそばにいると思うので、本当にいろいろとありがとうございました」と結びました。

●一方、市川海老蔵さんが25日にブログを更新

・「こんなにも台本が頭に入らないのは初めて」と喪失感をつづった

「涙で台本が見られない」と、妻・麻央さん(享年34)を失った喪失感をつづった。

「皆様の温かい温かい言葉に勇気づけられます。本当にありがとうございます」と、書き込み殺到で一時受付停止のブログコメント欄が再開され、多くの励ましが届いたことに感謝した海老蔵。

この日朝は、眠っている麻央さんのそばに寄り添い、その後、台本読みを始めたものの「しかし、こんなにも台本が頭に入らないのは初めてで、焦りを超えて愕(がく)然としています」と告白した。

●さらに「みたまうつしの儀」を執り行ったと報告

25日、ブログを更新し、22日に亡くなった妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)の「みたまうつしの儀」を執り行ったと報告

「帰宅。娘も倅もみたまうつしの儀に参列しました」と長女の麗禾ちゃんと長男の勸玄くんも参列したことを明かした。

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。