1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

東野圭吾“新参者”シリーズ完結!阿部寛×松嶋菜々子『祈りの幕が下りる時』

ドラマ「新参者」や映画「麒麟の翼」などの大ヒットで知られる東野圭吾“加賀恭一郎”シリーズ。映画化第2弾となる「祈りの幕が下りる時」の製作が発表され、シリーズ完結となる。主演の阿部寛やレギュラーの溝端淳平らは続投。新たに事件のキーマンとして松嶋菜々子が起用された。

更新日: 2017年11月02日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 35289 view
お気に入り追加

◆日本を代表するベストセラー作家、東野圭吾

今や国民的作家として知られている東野は、1985年に江戸川乱歩賞を受賞した「放課後」で小説家デビューし、1999年には「秘密」が日本推理作家協会賞(長編部門)に輝き、大ブレイクを果たした。

多彩な題材に果敢に挑むことで知られるこの作家は、際立った設定と巧みな語り口でベストセラーを量産。多くのファンを擁している。

21世紀初頭から、東野圭吾の作品はまず台湾や中国、韓国、タイなどアジア地域で人気を博し始めた。翻訳が一挙に進み、それぞれの国で独自の映像化が実現したり、あるいは企画されたりすることも増え、東野圭吾はまさにアジアを代表する人気作家になっている。

◆映像化作品の圧倒的な多さでも知られる

主演・山田涼介×原作・東野圭吾の映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が9月23日に公開決定! top.tsite.jp/news/cinema/i/… pic.twitter.com/OGwZqohQuG

『ナミヤ雑貨店の奇跡』(2017年9月23日公開)

彼の作品の大半は映像化され、なかでも映画『容疑者Xの献身』は興行収入約50億円という大ヒットを記録した。

原作の映像化作品は映画だけでも12本もあり、海外でもリメイクされているほどだ。特に累計200万部の傑作ミステリー「白夜行」は、これまでにテレビドラマ化、舞台化もされている。

2010年の記事。2017年時点では19本(製作発表含む)。

◆中でも人気だった“新参者”加賀恭一郎シリーズ

『新参者』(2010)

原作:東野圭吾
脚本:真野勝成、牧野圭祐
出演:阿部寛、黒木メイサ、溝端淳平

2010年4月に「新参者」として連続ドラマがスタートした同シリーズはその後、「赤い指」「眠りの森」という2本のスペシャルドラマが制作され、12年には初の映画化「麒麟の翼 劇場版・新参者」が封切られて累計興行収入16億8000万円のヒットを記録。

ドラマは最高視聴率21.0%

◆そのシリーズがついに映画で完結

「新参者」シリーズ、映画で完結!阿部寛×松嶋菜々子「祈りの幕が下りる時」で初共演eiga.com/l/jYoa6 pic.twitter.com/sIOBTuxI79

東野圭吾氏の人気ミステリー“加賀恭一郎シリーズ”が、映画化第2弾となる「祈りの幕が下りる時」で完結することが明らかになった。

来年公開で、TBS系連続ドラマ「半沢直樹」(13年)の福沢克雄監督がメガホンをとる。

◆原作は吉川英治文学賞を受賞 主人公の過去に迫る

敏腕刑事加賀の「母の失踪」という、これまでのシリーズで触れられてこなかった主人公の過去に迫り、なぜ優秀な加賀が所轄に居続けているのかを暴く。

◆レギュラー陣は再登板 松嶋菜々子がキーマンとして新たに加わる

加賀のいとこで警視庁捜査一課刑事・松宮役の溝端淳平(28)、加賀の父親をみとった看護師・金森役の田中麗奈(37)、加賀と確執のある亡き父・隆正役の山崎努(80)のレギュラー陣も続投。

阿部とは初共演となる松嶋菜々子が物語の鍵を握る女優兼演出家の浅居博美を演じることも発表された。

1 2





記憶の中で生きてゆける