1. まとめトップ

Twitter民が呟く『悟ったこと』が大人の胸にじわじわ響く。。

Twitter民が『悟りの境地』から呟いた内容が、共感とともに心にじわじわきます。。

更新日: 2017年06月27日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
345 お気に入り 212978 view
お気に入り追加

◆『共感』

結局人間は「怒っている人」に対しては共感できないものなんだそうだ。 たとえ、その人がどれほど正論を述べたとしてもだ。 これは怒らない人間になれと言っているのではなく、怒るときは、基本誰も共感してくれないことをよく心して怒れということらしい。 何か悟れた気がした。

◆『説得』

メンタルケアの勉強会に出ていたのだが、カウンセラーが「人は迷っているときいろんなアドバイスをもらうんですが、結局自分の力で気づいたもの以外ストンと腑に落ちないんですよ。説得というのは無意味。」と言っていて、ツイッターでよく見かける不毛な論争してる人に捧げたい言葉だなと思いました

◆『言われたいこと』

結局僕らは認められたいんだよ。『おもしろい』『一緒にいて落ち着く』『イケメン』『優しい』褒め言葉はなんだっていい。要するにポイントは1つだ。『あなたは特別』こう言われたいんだよ。その他大勢は嫌なんだ。『あなただけは他の人と違う』って言われたいんだよ。ただそれだけなんだ

◆『優しさ』に関すること

人知れず寂しい思いを重ね続けないと他人様に優しくなれない、相手の優しさの正体は過去の寂しさだと気づくのに、かなり時間が掛かった

80年生きてきて出た答えは、「やさしさに勝るものは何一つない」と言う一言に尽きる。 (小池一夫)

◆『劣等感』

再ツイです…5歳のとき耳を悪くして音感が養えず音痴になった。以来、それが引け目で音楽の実技試験は欠席を続けたの。大人になってカラオケが流行して開き直って歌ったら、お前にしか歌えないと大いに受けた。そうか、内に隠しておくから劣等感で、外にさらけ出せば個性になるんだと悟ったね。

◆『優越感』

喫茶店にいるカップルの男性の方がヒゲを剃ってきてなくて『こんなヒゲ顔でゴメンね』って言ったのに対して、女性の方が『他の人が知らない顔を私だけが知れる優越感で逆に嬉しい』って言ってて、なるほどと思った。『女性のすっぴんが見たい』ってのも、そういう優越感が欲しいってことかもしれない。

◆『中年のあるべき姿』

中年になって気づいたのは、いい歳になったら人前では明朗快活にふるまってみせることが(ほぼ義務に近い)たしなみだということ。中年以上が暗い顔で不機嫌をふりまくと、その場そのものが台無しになる。若者の暗さは人の気を引く要素かもしれないが、歳を食うと暗さはただ人を遠ざける要素になる。

◆『大人』になってから辿り着いた"悟り"

「30歳になったら大人になるだろう」と思っていたけど実際には30歳の自分がいただけだった。「さすがに40歳になったら」と思っていたら40歳の自分がいただけだった。

胸元にちっっっさく「stussy」と入っただけのTシャツがン千円もすることにブチギレる高校生だった僕も15年の時が経ち、胸元にちっっっさく「stussy」と入っただけのTシャツがン千円もすることにブチギレる大人になりました

◆『悲哀感』が漂う…悟り?

1 2





justastarterさん

世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。