1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

藤井四段の連勝阻止ならず…もう一人の天才棋士「増田康宏」四段とは?

歴代タイとなる28連勝を果たした中学生棋士・藤井聡太四段。歴代最多となる29連勝の期待がかかる中、増田康宏四段と対戦。実は増田四段は藤井四段と二人だけの「十代」棋士。「藤井が関西の天才なら、増田は関東の天才」と称される逸材で、中学生棋士寸前までいっていた。

更新日: 2017年08月25日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 113307 view
お気に入り追加

【速報】藤井四段が増田四段に勝利

すごい! 藤井四段が史上単独1位の29連勝 デビュー後負けなしで達成の偉業 - ねとらぼ nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/17… @itm_nlabから pic.twitter.com/HtVueg4ctC

藤井聡太四段(14)が26日、東京都渋谷区の将棋会館で竜王戦決勝トーナメントに臨み、増田康宏四段(19)との10代対決を制した。中盤の苦しい展開をしのいだ藤井四段は、一気に攻勢をかけ大逆転劇を演じた。

◆30年ぶりに歴代タイとなる28連勝を果たした藤井四段

史上最年少で将棋のプロ棋士となり、公式戦で一度も負けていない中学3年生の藤井聡太四段。

6月21日(水)に行われた王将戦一次予選、澤田真吾六段-藤井聡太四段戦は99手で藤井聡太四段が勝ちました。藤井聡太四段はこれでデビュー後負けなしの28連勝を達成。

天才中学生がついに、30年破られなかった神谷広志八段の28連勝(87年)の大記録に並び、自身の持つデビュー後の連勝記録も「28」に更新した。

◆さらに歴代最多記録29連勝が期待されていた

藤井聡太四段の最多連勝の新記録達成が懸かった、竜王戦決勝トーナメント1回戦増田康宏四段戦が始まりました。報道陣は約100人に達し、藤井四段(手前)の初手に注目しました。 pic.twitter.com/GgFkn3d10V

澤田真吾六段の対局は藤井聡太四段が勝利し、歴代最多記録の28連勝に並びました。新記録となる29連勝への期待が高まります。

29連勝の最多新記録達成がかかった対局が26日午前、始まった。対局場の東京都渋谷区の将棋会館では、藤井四段が到着すると、居合わせた将棋ファンから異例の拍手がわき起こり、偉業達成に期待する熱気に包まれた。

地元・愛知県瀬戸市は、活躍をたたえ市庁舎など2カ所に懸垂幕を掲げている。藤井四段が21日に歴代1位タイの28連勝を達成し、市は新調を決めたが、その文言は「単独1位」になるか「歴代1位」か。担当者はやきもきしながら26日の対局の結果を待った。

◆その阻止を期待されたのが「増田康宏」四段

報道陣を背にして、藤井聡太四段の前に座る、増田康宏四段。 pic.twitter.com/l6rV3OSAAh

報道陣など約100人が見守る中、午前9時40分過ぎに藤井四段、続いて増田四段が対局室に入室。振り駒の結果、藤井四段の先手で午前10時、対局が始まった。

藤井四段にばかり注目がいってるけど、増田四段も期待の若手なんだな。年齢も近いしかなりアツい勝負じゃないか…

増田くん四段やから期待してなかったけど新人王らしいやん 増田もうお前しかおらんのや、ほんま頼むわ

◆増田四段は将棋界もう一人の「十代」 もう一人の「天才」

増田四段は去年の新人王戦に優勝した若手の強豪で、現在の将棋界で2人しかいない10代同士。

◆藤井四段と同じく5歳から将棋を始める

生年月日:1997年11月4日生まれ
出身:東京都昭島市出身
師匠:森下 卓九段
奨励会入会:2008年9月

「5歳です。母に教わりました」
「道場にいった初日に初段に認定されました」
「小2で四段になっていました」

増田四段の言葉

1 2





記憶の中で生きてゆける