1. まとめトップ

【随時更新】忘れちゃいけない!〜尖閣諸島情勢と中国の動きを時系列で〜

北朝鮮情勢が緊迫する中ですが、現在も中国の東シナ海での尖閣領有の試みは海と空を通じて”地道”に行われているのです。

更新日: 2017年07月27日

ciongardenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 666 view
お気に入り追加

基本情報

尖閣諸島が日本固有の領土であることは歴史的にも国際法上も明らかであり, 現に我が国はこれを有効に支配しています。したがって,尖閣諸島をめぐって解決しなければならない領有権の問題はそもそも存在しません。

1969年(昭和44年)に国際連合アジア極東経済委員会による海洋調査で、イラクの埋蔵量に匹敵する大量の石油埋蔵量の可能性が報告される。
1971年4月:中華民国(台湾)が領有権を主張、
同年6月:沖縄返還協定によって沖縄と共に尖閣諸島も日本に返還される
同年12月:中華人民共和国が領有権を主張。

尖閣諸島は魚釣島、北小島、南小島、久場島、大正島、沖の北岩、沖の南岩、飛瀬などで構成される。総面積は約5.56km2。戦前には日本人居住者がいた時期もあったが、1940年頃以降はいずれも無人島となっている

動画は主に平成28年度に撮影したもので、計約12分。うち5分が尖閣諸島に関連する映像となっている。内容は、大型巡視船14隻相当(実数12隻)からなる「尖閣警備専従部隊」が、整備された後の石垣港を空撮。海保の巡視船が日本の領海に侵入した中国公船と並走したり、無線で退去を求めたりするシーンもある。

中国の領土をめぐる歴史と戦略

不正行為や侵奪行為?などが発覚しない程度に少量ずつの金銭や物品を窃取する戦略のこと。サラミソーセージを丸ごと1本盗んだ場合にはすぐに発覚するが、たくさんあるサラミソーセージから少しずつスライスして合計1本分を盗んだ場合にはなかなか発覚しないことから名づけられた。

この場合“島嶼や環礁”周辺の海と空の実効支配を少しずつ拡大していくことにほかならない。
中国公船による地道な領海侵入が行われている背景にこの戦略があるのでしょう。

政府が他国の領海へ漁船を送り込む。
その漁船を保護する名目で、漁船の前方に何隻かの軍艦を配置する
さらに軍艦の前方に漁船を送り込み、更に前方に軍艦を配置する
という行為を繰り返し、自国の領海を拡げていく事。

この様子が、1枚ずつ包み込んでいるキャベツの葉に似ていることからこう呼ばれている。

すでに中国漁船による赤珊瑚乱獲騒動の裏で予行演習は行われていたのかもしれません。
今もそのチャンスを伺っていると見るべきでしょう。

7月

アメリカ国防総省のデービス報道部長は24日、東シナ海の北側の上空で23日、国際空域を飛行していたアメリカ軍のEPー3電子偵察機に中国軍の殲10戦闘機が異常に接近してきたと明らかにしました。

7月25日 5時40分

中国は東シナ海で海底資源の開発権利が認められる大陸棚を拡張するよう主張しており、正当性の根拠にするため地質分析を進めている疑いが浮上

中国は2012年、大陸棚拡張案を国連大陸棚限界委員会に提出しており、大陸棚拡張の主張を強めるため自国の陸地から流れ込んだ堆積物を根拠にする狙いがあるとみられる。

(産経新聞 2017.7.23)

http://www.sankei.com/politics/news/170723/plt1707230010-n1.html

尖閣周辺に中国船 13日連続

沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で18日、中国海警局の船3隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。

2017.7.18 10:52

第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)によると17日、青森県沖で中国海警局の船2隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。2管本部は、この海域で中国公船の侵入を確認したのは初めてとしている。

2017/7/17 20:06 (尖閣諸島以外の領海侵入)

中国海警局の4隻 尖閣沖の日本領海に侵入

尖閣諸島の沖合で中国海警局の船が領海に侵入したのは今月10日以来で、ことしに入って合わせて19日となります。

7月17日 16時39分

第7管区海上保安本部(北九州)によると、中国海警局の船が15日午前と午後、長崎・対馬沖と福岡・沖ノ島沖の領海に一時侵入した。7管本部は、いずれの海域も中国公船の領海侵入を確認したのは初めてとしている。

2017.7.15 23:23 (尖閣諸島以外の領海侵入)

沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で13日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。

尖閣周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)では、中国の海洋調査船2隻が、円筒状の物体などを海中に投入したのを確認。

2017.7.13 12:03

沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に中国海警局の船4隻が相次いで侵入した。中国当局の船が尖閣周辺で領海侵入したのは6月26日以来で、今年18日目。

2017.7.10 11:59

沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で9日、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは4日連続。

2017.7.9 11:14

4隻は6日から接続水域を航行していて、8日午前9時現在、尖閣諸島の魚釣島の南西およそ30キロを航行しています。

7月8日 10時42分

1 2 3 4





ciongardenさん