1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

トランプ大統領令"入国禁止が復活"再び混乱する可能性も…

6カ国からの入国を制限する大統領令を一部解除すると発表に。再びアメリカ入国の混乱やデモの可能性も。色んな意見もありますね。

更新日: 2017年06月27日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 9744 view
お気に入り追加

6カ国の入国を制限する 大統領令が物議を。

▼結局、裁判所命令で差し止めにされていた→トランプ政権が上訴

米ハワイ州のホノルル連邦地裁は15日、トランプ米大統領が6日署名したイスラム圏6カ国からの入国を制限する大統領令を一時差し止める仮処分を命じた。

ホノルル連邦地裁は「原告により(宗教の自由など)憲法で保障された権利が侵害される可能性が高いことが示された」と指摘

イランやシリアなどイスラム圏の6カ国からの入国を禁止する大統領令を巡っては、下級審の判断で執行が停止され、トランプ政権が上訴していました。

The opinion of this so-called judge, which essentially takes law-enforcement away from our country, is ridiculous and will be overturned!

法の執行をこの国から根本的に取り上げる、いわゆる裁判官のこの意見はばかげている。覆されるだろう!

そして…入国禁止令見直し、執行を条件付きで認めた。

中東・アフリカ6カ国からの入国を一時禁止する新大統領令について、カリフォルニア州の連邦高裁などの差し止め判断を一部解除すると発表した。

連邦最高裁は26日、バージニア州連邦高裁などから出されていた差し止め命令を見直し、入国禁止の執行を条件付きで認めた。

▼秋頃、合憲性を巡る審理の最終判断を下す

この大統領令について違法性が高いとした連邦高裁などの判断を改めて審理すると述べた。

最高裁は、迅速な入国規制の執行を要請していたトランプ政権の主張を一部受け入れる格好で、10月以降に同大統領令の合憲性を巡る審理の最終判断を下す

アメリカの裁判所がトランプの入国禁止令を一部認めたのか

個人や組織と関係がない人は対象に。

最高裁は入国制限について、イスラム圏6カ国から米国を訪れ、「米国人や米国内の企業や団体などと強い関係を持たない外国人を対象に」執行される

「真正な関係」がない場合は「国の安全を保障する上で必要だとする政府の切実な議論に有利に判断すべきだ」と指摘した。

>米国内にいる個人や組織と関係がない入国者に対しては、入国禁止が認められるとした。

トランプ大統領は「明白な勝利」と宣言した

連邦高裁の差し止め解除を求めていたトランプ氏の主張が部分的に認められた形で、テロリストの入国阻止などを理由に大統領令を打ち出したトランプ氏の政策が前進した。

トランプ大統領は「最高裁の決定は国家の安全にとって明らかな勝利だ」と声明を出しました。

Very grateful for the 9-O decision from the U. S. Supreme Court. We must keep America SAFE!

9対0で最高裁が下した決定はじつに喜ばしい 我々は、アメリカを安全に保たねばならんのだ

再び混乱が広がる可能性もある。

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する