車の著しい過失・・・事故態様ごとに通常想定されている程度を超えるような過失のことです。 携帯電話での通話や時速15km~30km程度の速度違反、酒気帯び運転などがこれに該当します。過失が10%程度加算されます。

出典交通事故の過失割合を図入りで解説

万が一、交通事故が起きてしまったときに、15km/h以上の速度超過をしていると、「著しい過失」があったとみなされます。過失割合が10%ぐらい上乗せされてしまうのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

スピード違反は何キロから捕まる?

スピード違反は何キロから捕まるのか、疑問に思っているライダー・ドライバーは多いのではないでしょうか。ひとつの目安になる事柄を、まとめました。

このまとめを見る