1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

神戸に続き大阪でも「アカカミアリ」見つかる外来種に新たな動き

神戸港で発見された毒アリの「アカカミアリ」が大阪でも発見され話題に…これまでの経緯や注意喚起が気になります。

更新日: 2017年06月27日

2 お気に入り 15090 view
お気に入り追加

神戸に続き大阪でも毒アリ「アカカミアリ」が発見される

環境省などは26日、大阪・南港に到着したコンテナ内から、毒を持つ特定外来生物の「アカカミアリ」が見つかったと発表

兵庫の神戸港に引き続き大阪でも初めて確認された。大阪府は注意を呼びかけている。

コンテナが運ばれた枚方市や岸和田市でも調査が進められる

環境省によりますと…コンテナは、フィリピン・マニラから

到着したコンテナから、26日までに5匹見つかったという。今月20日には神戸港で見つかったが、別のルートだとみられている。

搬送先の大阪府岸和田市で中に入っていた工業製品材料が出され、空コンテナの利用を希望する業者が同府枚方市で「コンテナ内にアリがいる」と連絡

先週の神戸市の報道状況は…

ポートアイランドのコンテナヤード「PC18」から、毒を持つ別のアリ「アカカミアリ」約100匹が見つかったと発表

確認されたアカカミアリはすでに処分されており、確認地点には殺虫剤の散布と消毒処理、駆除剤の設置などを行っている。

そもそも「アカカミアリ」とは…生態系や特徴が気になります。

アカカミアリは中米などの原産。腹部の針で刺されると激しい痛みがあり、水疱を生じる。

「ヒアリ」に比べて毒性は弱いとされるものの、刺されるとショック症状を引き起こすことがあるということです。

体長は3ミリ~8ミリ程度、赤茶色の体が特徴。刺されると、アナフィラキシーショックを起こす可能性もある。

一般的に言われる「アナフィラキシーショック」とは

アナフィラキシーは、発症後、極めて短い時間のうちに全身性にアレルギー症状が出る反応です。

呼吸困難や意識障害といった症状が現れたらすぐにアドレナリンを筋肉注射する必要があり、処置が遅れると早い場合で15分ほどで死亡することもある。

治療は1分1秒を争うので、薬物の服用後やハチ類の刺傷を受けたあとなどに皮膚症状、鼻咽頭症状があれば、ただちに病院へ受診します。

この「アカカミアリ」のニュースはネットでも話題に

あれ?ヒアリじゃないの?アカカミアリ???どっちにしろ毒アリやから気つけな…アリって小さすぎて知らん間に噛まれそうよな

え、アカカミアリ南港に来たの??? うちの仕事場なんだけど??? やめてよ?????

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。