1. まとめトップ

車いす客にタラップを自力ではい上がらせる…バニラ・エアに色々な声が出ている

バニラ・エア(本社・成田空港)の関西空港行きの便を利用した半身不随で車いすの男性が、階段式のタラップを腕の力で自力で上らされる事態になっていたことがわかった。

更新日: 2017年06月28日

1 お気に入り 3020 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

isaaccさん

○車いす客にタラップはい上がらせ、バニラ・エアが謝罪

バニラ・エア(本社・成田空港)の関西空港行きの便を利用した半身不随で車いすの男性が、階段式のタラップを腕の力で自力で上らされる事態になっていたことがわかった。

○騒動の発端は…

男性は大阪府豊中市のバリアフリー研究所代表、木島英登(ひでとう)さん(44)。

同行者が往路と同様に車いすごと担ごうとしたが、空港職員が制止。

関空行きの便に搭乗する際、バニラ・エアから業務委託されている空港職員に「往路で車いすを担いで(タラップを)下りたのは(同社の規則)違反だった」と言われた。

○腕の力を使って一段ずつずり上がったという

【トレンドニュースまとめ】 車いす客にタラップはい上がらせる バニラ・エアが謝罪 (朝日新聞デジタル) dlvr.it/PQXgTB pic.twitter.com/HsrohS8B7D

木島さんは車いすを降り、階段を背にして17段のタラップの一番下の段に座り、腕の力を使って一段ずつずり上がった。

空港職員が「それもだめです」と言ったが、3~4分かけて上り切ったという。

木島さんは旅行好きで158カ国を訪れ、多くの空港を利用してきたが、連絡なく車いすで行ったり、施設の整っていない空港だったりしても「歩けないことを理由に搭乗を拒否されることはなかった」と話す。

○前日には国土交通省に業務改善勧告を出されていた

「バニラ・エア」による国際線乗客の誤誘導トラブルで、国土交通省は27日、乗客の誘導体制が適切に機能していないとして、同社に業務改善勧告を出した。

国土交通省は「1度目のミスのあとに講じた再発防止策が徹底されていなかった」として、バニラ・エアに対し業務の改善を勧告しました。

香港発成田行きの便の機体から到着口に乗客を運ぶバスが乗客34人を誤って国内線の到着口に誘導し、10人が審査を受けずに入国した。

○このニュースはネットでも話題になっています

バニラ・エアで車いす。LCCだからなあ、なんでも金で解決なんだよなあ、安いのには理由があるからなあ、うーん。となる。

バニラ・エアの車いす客のやつ普通に乗る予約取る時に航空会社に車椅子であること伝えておけばよくない?なんで伝えないの???

バニラエアの件、安全のこと考えたらひどいことじゃないんじゃないかと私は思うけど…タラップ揺れるし結構狭い。

バニラエアの車いす客のニュースで思い出すのが、乙武洋匡の隠れ家的イタリア料理屋での「広く世に問うてみましょうよ」って言ってた案件。

奄美空港で今月5日、格安航空会社(LCC)バニラ・エア(本社・成田空港)の関西空港行きの便を利用した半身不随で車いすの男性が、階段式のタラップを腕の力で自力で上らされる事態になっていたことがわかった pic.twitter.com/42uYotuuVL

○バニラ・エアに色々な声が出ています

空港関係者からすれば事前連絡もなく車椅子のお客さんが来たら「オイオイ待てや準備してねぇぞどうすんだ」になるわけだし、事前連絡をしないとタラップ這い上がってもらうぞとかいうバニラエアの対応はひどい話に聞こえるが、どっかでこれが良い見せしめになったなって思ってるスタッフ居そう…

1 2